『ヒト』を最適化しよう。

宮本武蔵『大工の棟梁は堂塔伽藍の寸法を覚え、宮殿や楼閣の設計図を理解し、職人たちをつかって家々を建てる。これは大工の棟梁も武家の棟梁も同じことである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『大将は大工の棟梁として、天下の法や規範をわきまえ、その国の利非・曲直を正し、その家の秩序を保つこと、まさに棟梁の道である。大工の棟梁は堂塔伽藍の寸法を覚え、宮殿や楼閣の設計図を理解し、職人たちをつかって家々を建てる。これは大工の棟梁も武家の棟梁も同じことである。』

 

 

三菱商事社長、三村庸平も、

 

土地の選定と基礎工事を怠ると、建造物はどうなるだろうか。それと全く同じことだ。『構造』をないがしろにして建てた楼閣など、『楼』は楼でも、『蜃気楼』だ。幻である。上辺の表層である。重要なのは、構造だ。根幹だ。基礎、土台、地盤だ。何の為にそこに立ったのかという、起因だ。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。』

同じ人物の名言一覧