名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

徳川家康『明日はきっと一戦あるなというようなときは、首をよく洗っておけ。』

徳川家康


日本武将 徳川家康画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『明日はきっと一戦あるなというようなときは、首をよく洗っておけ。武士たるもの、生きているときは鬼神のように戦い、死しては誉を永遠に残せるよう心掛けよ。』

 

一戦

 

剣道をやればわかるが、もし、仕事をしなくても生きていけるのであれば、私は剣の道をとことん極めようと思い、そこに時間を費やしただろう。しかし、今の世は、剣道をやるのはマイノリティ(少数派)である。何しろあまり、使う機会が少なくなった。昔は道場があちこちにあった。そんな映像を見るといつも思うのが、

(この時代と、今の時代、どちらが健全なのだろうか。)

ということだ。

いや、もちろん刀という武器を使わなくなった今の方が平和だ。だが、平和なら平和なりに、事件や過ちが起こる。

だとしたら、心身ともに鍛錬できる武道の入口が、至る所に点在していたのであれば、軟弱で歪んだ心は生まれなかったという思いに耽ることもある。

新渡戸稲造の著書、『武士道』は、実にそうそうたる人物と照らし合わせその道について追及していて、奥深い。

キリストアリストテレスソクラテスプラトン孔子孟子ニーチェエマーソンデカルト織田信長徳川家康豊臣秀吉枚挙に暇がない。本にはこうある。

『武士道においては、名誉の問題とともにある死は多くの複雑な問題解決の鍵として受け入れられた。大志を抱くサムライにとっては畳の上で死ぬことはむしろふがいない死であり望むべき最後とは思われなかった。



『自分の命とは何か?』

 

最近も、こんなことを考えたい為に戦争に参加しようとする人間が出てきた。『いじめられていた』というのだ。そして、人生について、散々悩み続けた。

 

もちろん、死も考えたこともあるだろう。人間は、どちらにせよいずれ死ぬ。だが、だとしたら何のために生まれて来たのか。 命を懸ける戦を通して、人は、そこに何を見るのか。冒頭で書いたように、私は確かに、戦いに生きがいを感じた。それはもちろん、練習試合だったからだ。

 

人はいずれにせよ死ぬ。名誉ある死とは、何だろうか。『死』に名誉などあるのあろうか。かつて、そんなことを考える暇などない時代があった。その時代と、今の時代。正しい時代とは、どちらなのだろうか。一つだけ言えることは、この人生はたった一度だけしかないということだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

34.『後始末では遅い。前始末をせよ。

取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

徳川家康『明日はきっと一戦あるなというようなときは、首をよく洗っておけ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『はじめから主君に楯突こうと思っている者はいない。思い上がりと、恨みと、それから生じる欲心が謀反を起こさせるのだ。』

 

『一手の大将たる者が、味方の諸人の「ぼんのくぼ」を見て、敵などに勝てるものではない。』

 

『諸人の頭などをするいまどきの者で、軍略を立てて床几に腰をかけ、采配を持つ手さえ汚さずに、口先だけで戦に勝てるものと心得ているのは、とんだ考え違いだ。』

 

『多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。また、人間は豊かになりすぎると、結束が弱まり、我説を押し通す者が増えてくる。』

 

『決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。』

 

『天下は天下の人の天下にして、我一人の天下と思うべからず。』

 

『重荷が人をつくるのじゃぞ。身軽足軽では人は出来ぬ。』

 

『最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。』

 

『敵だというのも自制心を忘れた怒りである。』

 

『真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず。』

 



↑ PAGE TOP