Contents

徳川家康『人質は長くとっておくと、親子であっても親しみが薄れて効果がなくなる。恩愛に溺れて人質を捨てかねるものである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

wikipedia『参勤交代』の説明はこうある。

関ヶ原の戦いで徳川家康が勝利して覇権を確立すると、諸大名は徳川氏の歓心を買うため江戸に参勤するようになった。家康は秀吉の例に倣って江戸城下に屋敷を与え、妻(正室)と子(男子であれば跡継ぎ)を江戸に住まわせる制度を立て、当初は自発的な参勤であったが次第に制度として定着していき、寛永12年(1635年)に徳川家3代目将軍徳川家光が『武家諸法度』を改定したことによって諸大名の義務となっていった。

 

 

妻子を江戸に住まわせ、人質として、参勤させる。『参勤』とは、主君の為に、働いて、仕えるということだ。徳川家の為に働くような制度を設けたということである。定期的に人質と会わせることで、『家族の絆』を忘れないようにさせたのだ。

 

家族

 

たとえ家族であっても、長く会わないとどんどん絆は弱くなる。イギリスの小説家、D・H・ローレンスは言った。

 

かつて、3歳にして母と別れ、6歳にして人質に出された経験を持つ家康。修羅の道を生きた人間にしか見えない『人間の本性』を知らなければ、徳川家康は、歴史に名を刻んでいなかっただろう。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

石川啄木『願はくば一生、物を言ったり考へたりする暇もなく、朝から晩まで働きづめに働いてそしてバタリと死にたいものだ。』 ウェスレー『人は気苦労をすることによって何らかの利益を収めることはない。』 ショーペン・ハウエル『熟慮を重ねることによってのみ、読まれたものは、真に読者のものになる。食べ物は食べることによってではなく、消化によって我々を養うのである。』

 

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧