『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『優れた者?私の目にはそうは映らない。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

ヒントはソクラテスの『無知の知』である。人間は一生、無知のままなのだ。それなのに、全知全能のフリをして縦横無尽に振る舞う人間が後を絶たない。彼らはさぞかし、思い上がるだけの『力』を手に入れたのだろう。だが、上には上がいる。例えば、天災を止めて見よ。それが出来ないなら、人間の力など大したことはない。

 

老子は言う。

 

アリストテレスは言う。

 

そして、渋沢栄一は名著『論語と算盤』で『得意時代と失意時代』という概念について書いている。

およそ人の禍は、多くは得意時代に萌すもので、得意の時は誰しも調子に乗るという傾向があるから、禍害はこの欠陥に食い入るのである。ならば、得意の時だからといって気をゆるさず、失意の時だからとて落胆せず、平常心を保つことを意識することが重要である。

 

人間が思い上がると、ろくなことはないこんな簡単な黄金律に目を向けられないのなら、 無知で無力も甚だしいとは思わないだろうか。プライドのある者なら『思う』と言い、見栄とプライドの意味をはき違えている者は、『思わない』と言う。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
ヨエルの書 第2章。

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』 『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧