『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『男と女には原則の役割がある。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

女は痛みに耐えながら、子を産む使命を背負っている男はそれが出来ない。 男はその分、生活の糧を得るために努力しなければならない。頭を下げなければ糧を得られないなら、頭を下げなければならない。男は女が持ち上げられない物を持ち上げ、女はそんな男の為に食事を作って支える。 凸凹の字の如く、お互い一方では愛の形は完成しない。両者が補い合い、支え合い、押し付けないことで夫婦の愛は完成する。

 

もちろん、子を産めない境遇にいる女もいるだろう。女に性転換したい男もいるだろう。しかしこれは『原則』の話だ。太陽は極めて長い間、原則として我々生命の源で在り続ける。しかし、日差しの強い日に肌を晒せばたちまち火傷し、ときには皮膚がんになるように、森林が創り上げたオゾン層がなければ、我々は太陽の陽射しによって焼け死んでしまう。

 

つまり、『太陽は原則として、命の源ではある』が、条件次第では命を焼き尽くす『地獄の炎』だ。我々には何らかの『条件』が与えられる。それによっては当然その『原則』から外れることもあるだろう。その時は臨機応変に対応すればいいだけだ。

 

関連リンク:『むやみに子供を産めばいいというものではない。』

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
創世の書 第3章。

関連する黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧