『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『真理に目を向けられないのが、もし”臆病者”だとしたら?』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

真理。キリスト教では、『神』と言った方が良いだろう。とにかく、 もしそれらの絶対不変の事実に目を向けないことが、 『臆病者』の証拠であると知ったら、どうするだろうか。それでも目を向けない?臆病者に成り下がってしまうのに?それでいいというなら、もう何を言っても無理だろう。

 

孔子は言う。

 

甘く考えてはならない。別に、どうでもいいのだ。好きに出来る。やりたいようにやればいい。

 

ブッダは言う。

 

そういう人生を生きて、悔いを残さないというのなら、 好きにすればいい。

 

だが、ソクラテスは言う。

 

自分がもし、 彼らより賢いと思うのであれば、それを貫くのだ。 あなたはきっと、歴史を塗り替える、1億年に一人の逸材なのだから。

 

だがその決断をする前に、

 

パラダイム転換とは

 

これを見ておいてはどうだろうか。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
エレミヤの書 第4章。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧