『後悔したくない方』はこちら

『抜け毛』と『切れ毛』の違いと、その見分け方とは?両方の原因となるのは何?

『抜け毛』と『切れ毛』の違いと、その見分け方とは?両方の原因となるのは何?

毛根があるのが抜け毛で、毛根がないのが切れ毛です。

それぞれの原因は実に色々なものがあります。AGAであればジヒドロテストステロンが原因ですし、牽引性脱毛症であれば髪の毛を引っ張りすぎていることが原因です。切れ毛も、カラーやパーマ、あるいはドライヤーによってダメージを与えたり、紫外線や乾燥によっても起こり得る現象です。

先生

切れ毛も抜け毛も嫌だけど、抜け毛の方が深刻だよね!切れ毛はちょっとした工夫で改善できるから!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

AGA(男性型脱毛症)のセルフチェックで薄毛状況を確認『つむじハゲ・十円ハゲ・円形脱毛症』が治る人、治らない人の特徴は?金属アレルギーは関係ある?髪のパサつきがあるなら薄毛に注意?皮脂、コラーゲン、抗酸化物質で薄毛の対策を!赤ちゃんや子供の抜け毛の原因は?子供の薄毛対策は家族の協力が必要!男性と女性の抜け毛の特徴は?抜け毛や脱毛症は性別や年齢によって症状が異なる?

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. ワキガ・体臭
  3. 睡眠・不眠症
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

今回の詳細記事の目次

  • 『抜け毛』と『切れ毛』の違い
    • 委縮毛とは?
    • 抜け毛があるのは当たり前
    • ジヒドロテストステロンがヘアサイクルを狂わせる
    • 5α-リダクターゼを阻害する認められた育毛剤とは
    • AGA以外の脱毛症とその原因
    • 髪の毛のダメージの蓄積が大きな原因である切れ毛
    • ヘアカラーやパーマ(縮毛矯正やストレートパーマ)は髪の毛を傷める原因
1 2 3