『ヒト』を最適化しよう。

育毛剤の『効果、添加物、血行促進成分、使い方、即効性』等について徹底調査!効果のある人とない人の違い

育毛剤について教えて!

まず育毛剤で何か頭皮に問題が起きるなら、

 

  • 界面活性剤
  • パラベン

 

の2つが主な原因でしょうね。育毛剤にも種類がありますから一概には言えませんが、この2つの添加物に関しては、決して肌にいいものだとは言えないということは間違いありません。また血行促進成分ですが育毛剤によります。血行促進成分ということで言えば、それがないよりはあった方がいいと言えます。育毛剤に含まれる血行促進成分は、

 

  • センブリエキス
  • 塩酸ジェフェンドラミン
  • オウゴンエキス
  • プラセンタ

 

と様々な成分がありますが、どれも血行を促進する効果を期待できます。しかし育毛剤や育毛シャンプーというのは、それだけで髪の毛が確実に生えるという商品ではありませんので注意が必要です。

 

育毛剤は即効性があるわけではありません。あくまでも『育毛の環境を整える』のが育毛剤の狙いです。また、使用の最適な時間帯は夜21時頃が目安であり、長期的なケアを視野に入れましょう。

 

また、育毛剤を使っても効果がない場合は、まず、その育毛剤自体が効果がないものの可能性があります。そういったミスが起きるということは自分の判断を過信しているわけですから、やはりAGAクリニック等で専門医から直接指導を受けた方が確実です。また、そういった素人判断による個人輸入などはリスクもつきものです。

 

効果のある人とない人の違いですが、その育毛剤がどういうものなのか、また脱毛症の種類が何なのかによって、答えは全く変わります。市販で売っている物も育毛剤ですし、2016年に出たデュタステリド等の新薬も育毛剤です。その育毛剤にどのような効果があるのかを知ってから使用するといいでしょう。

先生

界面活性剤とパラベンに関しては、別に育毛剤に限った話じゃなくて、シャンプー剤にも含まれているからよ!育毛剤にもいろいろあるからね!まずはその種類がなんであるか、どこで手に入れたのかということが疑問だね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

無毛症(乏毛症)の症状やその原因とは?最適な治療法と対策縮毛矯正でハゲる?抜け毛の原因になる可能性があり危険です。虫歯と抜け毛の関係は?歯周病の原因とデメリットを考えれば見えてくるアレルギー体質の人は薄毛になりやすい?脱毛の原因と対策髪の毛が雨で濡れたり、濡れたまま寝ると薄毛の原因になる?海水は髪にダメージを与えるの?

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. ワキガ・体臭
  3. 睡眠・不眠症
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

今回の詳細記事の目次

  • 育毛剤に使用される添加物とは
    • パラベン(防腐剤)の有害性
    • シリコンはどうか?
    • セタノールというアルコールの安全性は
  • 育毛剤に含まれる血行促進成分は本当に有効?
    • 血行が悪くなると様々な問題を引き起こす
    • 育毛に有効である血行促進成分が含まれた育毛剤
    • 各育毛剤に含まれる血行促進成分
    • ただし『髪の毛が生えた!』と言ったら薬事法違反
    • 育毛効果が正式に認められている育毛剤
  • 市販で人気の育毛剤の効果
    • 市販の育毛剤は薄毛の人に効果がないの?
    • 市販の育毛剤を使用する場合はどれくらいで効果が見える?
    • 育毛剤の正しい使い方は、付けるタイミングや寝るタイミングにある
    • 薄毛には育毛剤と育毛シャンプーを同時に使うのが良い?
    • 育毛剤の正しい使い方とは
  • 『育毛剤を使っているのに髪の毛が生えない!』
    • 育毛効果がある育毛剤とは
    • 個人輸入の罠
    • 育毛剤はそもそも『髪の毛を確実に生やすための薬』ではない
  • 育毛剤の効果がある人とない人の違い
    • AGA(男性型脱毛症)の原因
    • 育毛グッズは『数ある最適化すべき要素の中の一つにすぎない』
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10