『後悔したくない方』はこちら

フィナステリド(製品名プロペシア)・デュタステリド(製品名ザガーロ)の効果や副作用は?

プロペシア(フィナステリド)やデュタステリド(製品名ザガーロ)の効果や副作用とは?

プロペシアは、米国皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインや国際毛髪外科学会の指針では『ミノキシジル』と共に強く推奨されており、アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めている薬です。

副作用に関しては色々挙げられますが、特に女性の使用は厳禁となっているので厳重注意が必要です。プロペシアが効かない人は、塗り薬のミノキシジルを併用するとさらに効果的という医師の意見があります。

 

このデュタステリドは、フィナステリド同様、ジヒドロテストステロンの原因となる5α-リダクターゼの働きを抑制する効果があるのですが、フィナステリドと違うのは、『Ⅰ型』のリダクターゼにも有効だということです。また、その効果は抜群で、Ⅰ型の5α還元酵素にはフィナステリドの100倍の抑制効果、Ⅱ型には3倍の抑制効果があり、副作用も少なく、安全性が高いと考えられています。ただ、そもそも薄毛の原因はいろいろありますので、育毛剤に依存するのはやめたほうがいいでしょう。

先生

簡単に説明すると、プロペシアはかなり優れた薄毛治療薬だけど、完全な毛生え薬っていうわけではないし、女性の使用は絶対に禁止されてるよ!デュタステリドは新薬だね!これからもこういう薬が出てくれたら嬉しいね!あまり副作用もないみたいだし!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

ハゲで死にたい…辛い…。あるいは若ハゲでうつ病になる前に読むべき薄毛対策の記事。今のカツラはもう人から見破られない?メリットとデメリットを見てみよう空港検査、病院MRI、旅行入浴におけるカツラ・植毛・増毛スプレー対策チャップアップシャンプーはなぜ育毛剤の効果を高めることができるのか?肌に弱くなければ女性にもおすすめ!育毛トニックと効果的な使い方

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. ワキガ・体臭
  3. 睡眠・不眠症
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

薄毛を改善する薬として認められた唯一の薬

フィナステリド(製品名プロペシア)は、2005年に承認された、医師が処方される服用タイプの男性型脱毛症薬です。プロペシアは、フィナステリドという成分が1錠中に1㎎含まれています。

 

効果がある場合は服用して4か月目くらいから症状が改善しはじめ、6~12か月後に明らかになる。日本で承認される以前に欧米では1998年から発売されていました。日本でもフィナステリドに発毛作用があることを製薬会社が証明し、それが正式に国に認められたのです。フィナステリドは現在、世界の60か国以上で承認されており、日本では『萬有製薬』が作っています。

 

米国皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインや国際毛髪外科学会の指針では『ミノキシジル』と共に強く推奨されており、アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めています。

 

先生

FDAという厳しいチェックで有名な政府機関が、『薄毛を改善する唯一の薬』として、その有効性を認めているんだね!この『FDAのお墨付き』っていうのは大きいね!でも、だからといってお墨付きの商品が全て万能ってわけじゃないから過信しないようにね!
人間だから何かしらの不備はあるっす!

ハニワくん

脱毛の原因となる酵素の働きを阻害

脱毛の原因としては、毛根の毛乳頭細胞に、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)という物質が作用することが挙げられます。人間の毛髪は約10万本あり、健康な人でもそのうち約50~100本が毎日自然に抜け落ちるといわれていますが、AGA(男性型脱毛症)になると、DHTのはたらきにより脱毛シグナルが出され、毛髪が成長する前に次々と抜けてしまいます。

 

DHTは精巣から分泌されるテストステロンが、5α-リダクターゼという酵素によって変化した化学物質ですが、男性型脱毛症の治療薬であるフィナステリド(商品名プロペシア)は、この酵素の働きを阻害してDHTを減らし、男性型脱毛症の進行を抑制します

 

 

ミノキシジルが血管拡張剤として開発されていた中で、『体毛が濃くなるという副作用』が現われて、それで方向転換をしたわけですが、このフィナステリドも、元々は前立腺肥大症の治療薬でした。しかし、ミノキシジルと同じように『体毛が濃くなるという副作用』が現われて、それで方向転換をしたわけですね。

 

先生

フィナステリドも、元々は前立腺肥大症の治療薬だったんだけど、同じく薄毛治療に有効な薬『ミノキシジル』の時と同じように、『体毛が濃くなるという副作用』が現われて、薄毛治療を目的としていたわけじゃないのに、毛が生える薬が出来てしまったわけだね!
偶然の産物っすね!

ハニワくん

生活習慣病の改善にも役立つ

男性型脱毛症が、生活習慣病や前立腺の病気の発症のリスクファクターでもあるので、プロペシアの投与は、薄毛の改善のみならず、生活習慣病の改善につながる可能性もあります。実際に、30歳以前に発症した男性型脱毛症の患者にプロペシアを1年間投与すると、これらの患者の糖代謝やインスリン抵抗性が改善したと報告されています。

 

35歳未満の早期に起こってくる男性型脱毛症は、インスリンの働きが低下するインスリン抵抗性の発症の指標になることも報告されていて、インスリン抵抗性を持つ人は、時間の経過とともに、

 

  • 肥満
  • 高脂血症
  • 高血圧

 

などの生活習慣病を合併してくるわけで、インスリン抵抗性が改善されるということは、男性型脱毛症の治療は健康維持にとって大きなポイントとなるのです。

 

先生

インスリン抵抗性が改善されると、肥満や高脂血症なんかの生活習慣病の予防にもつながるわけだ!だからプロペシアを使用することで、薄毛以外の部分にもいい影響を与えることが考えられるよ!
一石二鳥っす!

ハニワくん

IGF-1の減少を抑制する

プロペシアは、5α-リダクターゼの働きを阻害するので、IGF-Ⅰの減少を抑制して、IGF-Ⅰが正常に作られるようにします。1年間のプロペシアの投与で、AGAの58%に薄毛の進行を抑制して髪を増やす効果が認められているというデータもあります。(しかし、下部に記載する内容と比較すると矛盾するデータです。)

 

IGF-1を増やすアルコール類
  • 日本酒(熱燗)
  • ビール
  • 赤ワイン

 

このデータでは、139人の人にAGA患者にプロペシアを1年間服用してもらい、そのうち58%に育毛効果があった、というもの。また、22人のAGAの人たちにプロペシアを、

 

  • カプサイシン
  • イソフラボン

 

と共に6カ月間服用してもらうと、その90.0%に育毛効果が認められ、そのうちの54.5%には一見してわかるぐらいの育毛効果が認められたということです。カプサイシンとイソフラボンだけでも効果があるらしいのですが、その効果が5カ月で得られるのに対し、そこにプロペシアを併用することで、2ヵ月で同じ効果が得られたということですね。

 

※参考『薄毛の食卓』(マガジンハウス)

 

先生

このIGF-Ⅰっていうのは非常に重要でね!詳しくはリンク先の記事を見てもらいたいけど、プロペシアにはこのIGF-Ⅰの減少を抑制する作用があるっていうんだから、これはいいよね!
一石三鳥っす!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. フィナステリド(製品名プロペシア)は、2005年に承認された、医師が処方される服用タイプの男性型脱毛症薬。
  2. アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めている。
  3. 脱毛の原因となる酵素の働きを阻害してDHTを減らし、男性型脱毛症の進行を抑制する。
  4. 元々違う効果を狙った薬で、『体毛が濃くなるという副作用』が現われて、それで方向転換をした。
  5. プロペシアの投与は、薄毛の改善のみならず、生活習慣病の改善につながる可能性もある。
  6. プロペシアは、5α-リダクターゼの働きを阻害するので、IGF-Ⅰの減少を抑制して、IGF-Ⅰが正常に作られるようにする。

 

効果や副作用

副作用については、臨床試験の母数779症例のうち、以下の内容でした。

 

ペシアの副作用
  • 性欲減退=15例(1.9%)
  • 射精障害・勃起機能不全(ED)=各11例(1.4%)

 

興味深いのは、この臨床試験では『偽薬』、つまりプラシーボ効果(薬を飲んでいないのに、飲んだと思い込んだ人が得る効果)でも性欲減退(10例、1.3%)などの副作用が起きていることです。『薬を飲む』という心理が何らかの影響を及ぼしていると考えられるわけです。また、東京メモリアルクリニック院長の佐藤明男医師によると、約11年間、約3200症例のうち、性機能への影響を理由に服用を止めたのは3~4人。

 

理論的にはDHTが減れば性欲はむしろ増進するはず。

 

と佐藤医師は語っています。※参照『オトコの病気新常識』(講談社)

 

その他副作用としては、男性ホルモンを抑制する薬のため、やはりどうしても、

 

その他副作用
  • ED
  • 胃部不快感
  • 腹痛
  • 肝機能障害

 

などの副作用が報告されています。しかし、そうは言ってもこれら副作用が発生する頻度は低く、万が一出た場合でも服用をやめれば元に戻るということです。

 

先生

どんな薬にも副作用はあるよ!例えば著者も最近風邪薬を飲んだんだけど、翌日無駄に『鬱気味』になってしまったんだ!また、頭痛薬を連日飲んだときも、身体に湿疹のようなものが出来たよ!そういう時は体のサインだから、服用をやめるのが一番だね!
副作用には要注意っす!

ハニワくん

効果がある部位と効果がない部位がある

また、3年間使用したときの改善率は、

 

  • 頭頂部=78%
  • 前頭部=72%

 

という報告があるが、このうち『著明な改善』は、

 

  • 頭頂部=6.1%
  • 前頭部=2.0%

 

とわずかで、製薬会社も効能・効果としては『男性型脱毛症の進行遅延』のみをうたっている。※参照『薄毛の悩み解決最前線』(講談社)

 

 

また、効果は年齢や薄毛の部位によって異なり、

 

  • 年配者よりも20~40代の若い人
  • 薄毛が始まって間もない人

 

の方がよく効くとされている。また、産毛にまで進行してしまった薄毛の場合があまり効果がなく、部位では頭頂部には比較的よく効くが、生え際や額の両側の後退にはあまり育毛効果がないという。

 

先生

『男性型脱毛症の進行遅延』のみをうたっているわけで、『進行を遅らせる』っていうことだけだから、『完全に薄毛が改善される』っていうわけじゃないんだよね!だから効く部位があったりなかったり、また、薄毛が完全に広がってしまっている人なんかには効果が薄いってことだね!
まだ完全な毛生え薬はないっすね!

ハニワくん

参考価格や使用上の注意

プロペシアの費用は参考価格で、以下となっています。

 

プロペシアの費用
  • 1日1錠(1㎎)=250円
  • 1ヵ月(30日)=7,500円
  • 1年(365日)=10万円程度

 

飲むのをやめると頭髪は元に戻ってしまうので一生飲まなければならないのですが、効果が出た後は低用量でいい可能性もあり、それが実現すれば、より安価での継続が可能になります。だが、1年間服用しても効果がない場合は、続けてもそれ以上の効果はほとんどありません。プロペシアの説明書には、

 

6カ月投与しても脱毛症の進行遅延がみられない場合は、投薬を中止してください

 

とあります。

 

プロペシアの費用

1日1錠 250円
1ヵ月(30日) 7,500円
1年(365日 10万円程度

 

先生

飲むのをやめると頭髪は元に戻ってしまうので一生飲まなければならないっていうのはちょっと手間がかかるよね!それに、料金も決して安いわけじゃないし。
たしかに!

ハニワくん

先生

だけどまあ、いつかもっと技術が進歩して改善されることを楽観視したいところだね!今現在も研究者たちが研究を積み重ねてくれているから!
頼むっす研究者たち!

ハニワくん

厳重注意事項とアドバイス

さらに、女性および20歳未満には有効性がありません。むしろ、男性ホルモンに直接作用するという薬の性格上、女性や子供への使用は禁止されているのです。特に妊娠中の女性が服用し、胎児が男の子だった場合は性器が奇形になるおそれがあるため、妊婦や妊娠の可能性がある女性は厳禁。

 

また、『フィンペシア』というプロペシアのジェネリック薬品には、つい最近まで発がん性のあるキノリンイエローというコーティングが使用されていました。新しいものでは排除されたようですが、古いものを使う場合は注意が必要。フィナステリドを服用する為には医師の処方箋が必要。必ず専門の医師の指示に従い、用法・用量を守って適切な服用をすること。

 

また、東京メモリアルクリニック院長の佐藤明男医師は、『オトコの病気新常識』(講談社)でこう言っています。

 

プロペシアの効果が現われない部分にロゲインやリアップを併用するといい。

 

詳しくは下記記事を参考に。

 

ミノキシジル(製品名ロゲイン・リアップ)の効果や副作用は?保険は効く?20代がミノタブを使用してもいいの?

先生

発がん性や、女性の服用の禁止等、絶対に見落としてはならない副作用があるね!だから薬を使うときは必ず医師に相談をして、確実な治療をしていこう!それが長期間に及ぶのであればなおのことそうだよね!
用法容量をよく守るっす!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 男性ホルモンを抑制する薬のためある程度の副作用はあるが、万が一出た場合でも服用をやめれば元に戻る。
  2. 性欲が減退するか増進するかは意見が分かれる。
  3. プロペシアで狙える効果は、あくまでも『男性型脱毛症の進行遅延』である。
  4. 年配者よりも20~40代の若い人、薄毛が始まって間もない人の方がよく効く。
  5. 飲むのをやめると頭髪は元に戻ってしまうので一生飲まなければならない。
  6. 効果が出た後は低用量でいい。
  7. 1年間服用しても効果がない場合は、続けてもそれ以上の効果はほとんどない。
  8. 投与しても脱毛症の進行遅延がみられない場合は、投薬を中止する。
  9. 女性および20歳未満には有効性がない。むしろ、女性や子供への使用は禁止されている。
  10. 特に妊娠中の女性の服用は厳禁。

 

改善効果がうたわれている成分

また、以下に『改善効果がうたわれている成分とその効果』を記載します。※出典『毛の悩みに応える皮膚科診察ー毛髪最前線ー』

 

医薬品

脱毛の進行予防発毛促進

  • ミノキシジル
  • フィナステリド
  • 塩化カルプロニウム
  • セファランチン

 

医薬部外品

血行促進作用

  • 塩化カルプロニウム(医薬品も)
  • チンキ(トウガララシチンキ、ショウチョウエキス、センブリエキス他)
  • ニコチン酸ベンジルエステル
  • ビタミンE誘導体(トコフェロール)

 

栄養補給・細胞賦活作用

  • ペンタデカン酸グリセリド
  • ソフォラ抽出エキス
  • ニンジンエキス
  • ニコチン酸アミド
  • プラセンタエキス
  • パントテニルエチルエーテル(ビタミンB群)
  • ジアルキルモノアミン誘導体(DADA)

 

抗炎症・抗菌作用

  • ヒノキチオール
  • βグリチルレチン酸

 

毛母細胞、毛乳頭への作用

  • 6-ベンジルアデニン(サイトプリン)
  • t-フラバノン
  • アデノシン

 

その他

  • セファランチン(医薬品も)
  • ボタンピエキス

 

ちなみに、医薬品・医薬部外品でもある『セファランチン』は、IGF-Ⅰを増やす可能性があるといわれています。この薬では単独では強い育毛効果を発揮しませんが、プロペシア同様、

 

  • カプサイシン
  • イソフラボン

 

と併用すると効果が上がると言われています。

 

先生

このIGF-1っていうのも併せてチェックしてみてね!かなり重要なポイントであるということがわかるよ!薬を使用するときは慎重にね!
厳重注意っす!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 改善効果がうたわれている成分とその効果を確認する。
  2. IGF-1について確認する。

 

プロペシアが効かない人はどうすればいい?

プロペシア(フィナステリド)が薄毛に効かない、という状況にある人は、考えるべきことがあります。

 

 

AGA(男性型脱毛症)の原因はジヒドロテストステロンです。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。(ちなみに女性の場合は、アンドロステンジオンという物質からもDHTが生じます。)

 

この前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)ですが、『ある対策』によって、この酵素の動きをある程度阻害することが可能です。それが、

 

  • フィナステリド
  • ミノキシジル
  • デュタステリド

 

という成分が含まれた薬の使用ですね。日本でそれが含まれた製品は、

 

  • プロペシア
  • ロゲイン
  • リアップ
  • ザガーロ

 

ということになります。

 

フィナステリド(製品名プロペシア)・デュタステリド(製品名ザガーロ)の効果や副作用は? ミノキシジル(製品名ロゲイン・リアップ)の効果や副作用は?保険は効く?20代がミノタブを使用してもいいの?

 

男性型脱毛症の治療薬(育毛剤)として米国皮膚科学会や国際毛髪外科学会が効果を認め、薄毛治療の診察ガイドラインで強く勧めている塗る育毛剤はこの『ミノキシジル』だけです。日本の製品名は『ロゲイン』と『リアップ』ですね。

 

また、フィナステリドが含まれた『プロペシア』は、米国皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインや国際毛髪外科学会の指針では『ミノキシジル』と共に強く推奨されており、アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めている薬です。

 

また、デュタステリドが含まれた『ザガーロ』は、2015年9月に厚生労働省に認可されたばかりの新薬です。しかし、その効果は抜群で、Ⅰ型の5α還元酵素にはフィナステリドの100倍の抑制効果、Ⅱ型には3倍の抑制効果があり、副作用も少なく、安全性が高いと考えられています。

 

『オトコの病気 新常識』にはこうあります。

DHTは、精巣から分泌されるテストステロンが、5α-リダクターゼという酵素によって変化した化学物質。フィナステリドや、この酵素のはたらきを阻害して、脱毛の進行を食い止める。

 

『ネイティブアメリカンには黒々とした頭髪の男性が多く、薄毛が少ない。フィナステリドは、彼らが強壮剤として服用していたノコギリヤシの研究から生まれたと聞いています』(佐藤医師)

 

メーカー発表の臨床試験データでは、1年間の服用で増毛58%、脱毛進行は2%だった。ただし、飲むのを止めると効果はなくなってしまうので、根気よく飲み続けることが大切だ。

 

確かにこの通り、ノコギリヤシからヒントを得たフィナステリドが含まれた『プロペシア』は、Ⅱ型の5α-リダクターゼを阻害する働きを期待できるため、薄毛対策になります。また、このデータではかなり高い『増毛率』ですよね。(デュタステリドはこの本の発行の後に登場した新薬です。)

 

更に本にはこう続きます。

塗り薬のミノキシジルを併用するとさらに効果的

 

日本皮膚学会は、2010年4月、AGAの診療ガイドラインを発表した。このなかで、フィナステリド以外に育毛への高い効果が認められている薬に、塗り薬のミノキシジル(製品名ロゲイン・市販品リアップの主要成分)がある。『プロペシアの効果が現れない部分にロゲインやリアップを併用するといい』と佐藤医師は勧める。

 

先ほど挙げた『プロペシア』が含まれる育毛剤、つまり日本で言うと、

 

  • ロゲイン
  • リアップ

 

ということになりますが、それを塗布すると効果的だというんですね。先ほども書きましたね。確かに医師が言うのですから間違いないのでしょう。どのみち、それ以外の育毛剤を使うよりははるかに高い効果を得られることは間違いありません。

 

 

ちなみにロゲインは『海外の製品』ですので、純日本のものはリアップだけですね。ですからロゲインを手に入れたい人は、海外から並行輸入する形になります。プロペシアに関しては医師の処方箋が必要ですから、

 

  • AGAクリニック
  • 皮膚科
  • 内科
  • 形成外科

 

等で診断を受け、処方してもらいましょう。また、フィナステリドの個人輸入もできますが、その脱毛症の原因がAGAでなく、円形脱毛症や中毒性脱毛症等の場合、対処法として間違えてしまう可能性があります。そういう意味でも、クリニックできちんと医師に処方してもらうのがいいですね。

 

診断してもらえればもうAGAかどうかはわかりますから、その後に個人輸入をするという手もあります。しかし、基本的に薬を個人の判断で使用するのは常にリスクが伴いますので、確実なルートで手に入れる以外のことは、推奨されません。

 

先生

ミノキシジルの内服、つまり『ミノタブ』なんかとなると、また違う問題があるからね!注意してね!
内服はたしかだめなんすよね!

ハニワくん

育毛剤の発毛率はどこまで信用できる?

このようにして『増毛効果』の期待できるフィナステリドやミノキシジルやデュタステリドですが、『最後に読む育毛の本』にはこうあります。

発毛率はあてにならない

 

  • 『発毛率89%以上!』
  • 『発毛率92%以上!』
  • 『必ず生える!』
  • 『こんなに髪が生えました!』

 

宣伝コピーはどんどんエスカレートしていきますね。特に、『必ず生える!』などという表現は、薬事法上ではアウトです。(中略)例えば、世界で唯一、発毛することが証明されているとされる成分『ミノキシジル』。そのミノキシジルでさえ、そこまでの高い発毛率はなく、グーンと低い発毛率なのです。ここまで発毛率の実感が得られるならば、すでに世界的に有名な発毛剤や育毛剤になってもなんら不思議ではありません。

 

唯一正式に発毛が認められているフィナステリドやミノキシジルであっても、実際の『発毛率』は大したことはないと、違う専門家は言います。昨今では、『ネット上の情報は玉石混交で、何が真実かわからない』と言いますが、『じゃあ本は本当なのか』ということを突き詰めると、いささかどこも似たような状況ですね。(デュタステリドはこの本の発行の後に登場した新薬です。)

 

一冊目の本は、

1年間の服用で増毛58%。

 

と言っていて、二冊目の本は、

世界で唯一、発毛することが証明されているとされる成分『ミノキシジル』。そのミノキシジルでさえ、そこまでの高い発毛率はなく、グーンと低い発毛率なのです。

 

と言っているわけですからね。普通、58%もあったら『発毛率は高い』と表現することになりますよ。この本には、フィナステリドの使用前、使用後の写真も載せているのですが、明らかに使用後はフサフサの髪の毛になっています。これはもう、もしこの通りの効果が出ないなら、詐欺にも近い表現方法ですよね。

 

『必ず生える!』などという表現は、薬事法上ではアウトです。

 

という記載がありましたが、

 

じゃあ写真ならいいんだ。

 

ということでこのようにしているのであれば、大きな問題ですよね。しかし、こうした問題は薄毛だけじゃありませんからね。例えば食事のCM一つにしても、最もおいしそうに見える演出を考えて、食品を宣伝しますが、実際にその店に行くと、

 

  • CM
  • 写真
  • 食品サンプル

 

でイメージしたものとは全く違うものが出てきて残念な思いをすることがあります。

 

 

また、モデルが着る洋服なんかもそうですよね。彼女らが着ると、

 

その洋服を着ると、私も可愛くなれるかも!

 

と期待して洋服を買うのですが、実際に自分がそれを着てみると、モデルとは雲泥の差があり、だまされたような気分になってしまうことがあるものです。ですから、最初からこの世にあるありとあらゆる商品は、『企業の利益』が優先されて演出、販売されているという疑いの目を持つことが重要になります。

 

先生

真理から見て考えると、育毛剤に依存するのは間違っている考え方だから、育毛剤の発毛率が低いと言っている人の方が信頼できるね!
うーむ!

ハニワくん

 

プロペシアが効かない人はどうすればいい?

企業は消費者より利益が第一

それは例えば、『食品と添加物』という問題で考えても同じことです。『子どもと添加物 33のポイント』にはこうあります。

企業は消費者より利益が第一

 

(省略)なぜこんな状況になっているかというと、厚生労働省が、消費者の健康よりも食品企業の都合を優先させて、業者側に立った食品行政を行っているからです。問題のある添加物の使用が禁止されると、アメリカや日本の企業の中では、営業活動が困難になってしまうところが出てきます。それを回避するため、使用を認め続けている面があります。この状況は、添加物が盛んに使われるようになった1950年代以降、ずっと続いているのです。

 

また食品企業はというと、自己を存続させるために、常に利益を上げることに血道を上げています。そのため、消費者の健康よりも、製品が売れることを第一に考えています。その結果、安易に添加物を使ってしまい、安全性の不確かな製品が数多く出回ることになってしまうのです。

 

添加物というのは『食べてはいけないもの』ですからね。下記の記事に書いたように、

 

『育毛に効果がある食べ物、薄毛が進行する食べ物』を徹底調査!『断食』という選択肢にも注目! 生活習慣や食生活を改善したら、どれくらい薄毛改善効果は得られる?

 

  • 高脂肪
  • 高カロリー
  • 食品添加物
  • 人工着色料
  • 調味料
  • 保存料
  • 精白されたもの

 

これらはすべて、髪の毛にも悪影響を与えるものですから、育毛剤に限った話ではなく、世に出ているすべての商品は、過信するべきではないのです。

 

心身に悪い影響を与えるもの
  • 高脂肪食品
  • 高カロリー食品
  • 食品添加物
  • 人工着色料
  • 調味料
  • 保存料
  • 精白されたもの
  • etc.

 

ですから、『プロペシア(フィナステリド)が薄毛に効かない』と思っている人は、ここに書いたことを今一度確認する必要があります。

 

  • そもそもAGA(男性型脱毛症)ではない
  • ミノキシジルと併用してみる
  • 元々フィナステリドやミノキシジルの発毛率は高くない
  • 世の中の商品は全て企業の利益が絡んでいる

 

ということですね。

 

先生

うつ病が認知されたと同時に、抗うつ薬の売上が伸びたという事実があるよ!やっぱりどんなことにも利益が隠されているかもしれないね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

そもそも育毛剤だけに依存するのは間違い

またもちろんそれだけじゃなく、

 

  • そもそも育毛剤だけに依存するのは間違い

 

という大きな要素も見て見ぬふりはできません。下記の記事に書いたように、

 

薄毛の原因

 

薄毛の原因には、このような問題が挙げられるわけです。これらすべての要素を最適化せずに、

 

俺はプロペシアっていう最強の育毛剤を使ってるから、たばこも吸うし酒も飲むし、徹夜もするし、ストレス対策も全然しないし、暴飲暴食をして、好きなだけシャンプーして、運動なんかするつもりはないぜ!

 

と言っているのであれば、もはや本末転倒ですね。本末転倒とは、『根本的で重要なことと、些細でつまらないことを取り違えること』という意味です。薄毛対策の根本的で重要なこととは、今挙げた要素の最適化なのです。百歩譲って薄毛が育毛剤で改善されたとしましょう。しかし、この挙げた要素をぞんざいにし、違う病気で命を落とすことになればどうでしょうか。それが本末転倒ということですよね。

 

 

先生

ここに挙げた薄毛の原因を全て最適化すれば、必ずいい結果が出るよ!たとえ薄毛が改善されなくても、それ以外の部分でたくさん恩恵が得られるね!
たしかに!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 育毛剤の発毛率は大したことはない。
  2. 世に出ているすべての商品は、過信するべきではない。
  3. そもそも育毛剤だけに依存するのは間違い。

 

ザガーロ(デュタステリド)の効果や副作用とは

先ほども少し説明しましたが、ザガーロという商品は『デュタステリド』という成分が含まれているAGA治療薬です。2015年9月に厚生労働省にて男性型脱毛症治療薬として承認されたばかりの、新しい薬です。デュタステリドというのはフィナステリド同様、ジヒドロテストステロンの発生につながる5α-リダクターゼの働きを抑制する効果を持つ阻害薬ですね。

 

前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)ですが、『ある対策』によって、この酵素の動きをある程度阻害することが可能です。それが、

 

  • フィナステリド
  • ミノキシジル

 

という成分が含まれた薬薬の使用ですね。日本でそれが含まれた製品は、

 

  • プロペシア
  • ロゲイン
  • リアップ

 

ということになります。

 

繰り返しになりますが、男性型脱毛症の治療薬(育毛剤)として米国皮膚科学会や国際毛髪外科学会が効果を認め、薄毛治療の診察ガイドラインで強く勧めている塗る育毛剤はこの『ミノキシジル』だけです。日本の製品名は『ロゲイン』と『リアップ』ですね。また、フィナステリドが含まれた『プロペシア』は、米国皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインや国際毛髪外科学会の指針では『ミノキシジル』と共に強く推奨されており、アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めている薬です。

 

しかし、2015年になってここにデュタステリドが追加されました。デュタステリドは、日本では2015年9月から、厚生労働省にて男性型脱毛症治療薬として承認されたわけですね。

 

PRESIDENT2018.1.1号にはこうあります。

昨年からは、フィナステリドより効果が出るのが早いといわれる『デュタステリド』(商品名:ザガーロ)も治療薬として使用可能になっています。塗り薬の『ミノキシジル』(商品名:リアップ)も効果が実証されており、この3つが男性型脱毛症の中心的な治療薬となっています。

 

日本で認可された年

ミノキシジル 1999年
フィナステリド 2005年
デュタステリド 2015年

 

上記は『成分』の名称です。これにより、日本に今ある『育毛効果が認められている薄毛治療薬』はこうなりました。

 

育毛効果が認められている薄毛治療薬

ミノキシジル ロゲイン、リアップ
フィナステリド プロペシア
デュタステリド ザガーロ

 

このデュタステリドは、

 

  • 男性型脱毛症
  • 前立腺肥大症

 

の両方に効果があるとされていて、それぞれで薬品名は違います。

 

デュタステリドが含まれている医薬品

男性型脱毛症 ザガーロ
前立腺肥大症 アボルブ

 

このデュタステリドは、フィナステリド同様、ジヒドロテストステロンの原因となる5α-リダクターゼの働きを抑制する効果があるのですが、フィナステリドと違うのは、『Ⅰ型』のリダクターゼにも有効だということです。

 

『ここまでわかる,ここまでできる! こどもとおとなの脱毛症診療 (MB Derma(デルマ))』にはこうあります。

デュタステリドの作用機序

 

フィナステリドは毛乳頭特異的に発言するⅡ型をⅠ型と比較してIC(50)値で120倍ほど強く抑制するのに対し、デュタステリドはⅠ型、Ⅱ型の両者を抑制する。デュタステリドは、Ⅰ型5α還元酵素をフィナステリドの約100倍強く抑制し、Ⅱ型にも約3倍強い抑制作用をもつ。

 

その結果、テストステロンからより活性の高いジヒドロテストステロンへの返還を阻害する。その阻害率は、血清中では、男性の男性型脱毛症患者にデュタステリド0.1および0.5mgを1日1回反復経口投与したとき、投与から6か月のDHT濃度はベースラインからそれぞれ血清中で65および90%減少し、頭皮中で40および52%減少した。その分、血清テストステロン値は24%増加した。

 

つまりこういうことです。

 

フィナステリドと比べた5α還元酵素の抑制作用

Ⅰ型 100倍
Ⅱ型 3倍

 

『フィナステリドの強化版』ですね。それがデュタステリドです。下記の記事にも書いたように、

 

AGAの最も大きな原因はDHT!側頭部の薄毛はAGA?薄毛・抜け毛の原因(ハゲのメカニズム)を知り、対策を!

 

この還元酵素、5α-リダクターゼは、『Ⅰ型』と『Ⅱ型』の2種類が存在していて、『Ⅰ型』は、

 

  • 頭皮
  • ヒゲ
  • わき毛
  • 陰毛

 

など毛が生えている部分にくまなく存在していて、『Ⅱ型』は、

 

  • 前頭部
  • 頭頂部

 

近辺のみに存在しています、

 

 

後頭部と側頭部の毛乳頭にはこの5α-リダクターゼ『Ⅱ型』の酵素が少なく、DHTと反応するレセプター(受容体)がほとんど存在しない為、脱毛は起こりにくいということなのです。これがAGAの基本的な症状となっています。

 

下記の記事にも書いたように、

 

ニキビ薬などのアゼライン酸には育毛効果があるの?副作用はない?

 

例えば記事で紹介したアゼライン酸は、 『Ⅰ型』の還元酵素の働きを抑えると言われているので、『AGAの改善』というよりは、『薄毛の改善』という方が正確かもしれない、と書きましたが、

 

  • Ⅰ型』の還元酵素の抑制=薄毛の改善
  • Ⅱ型』の還元酵素の抑制=AGA(男性型脱毛症)の改善

 

という図式が存在するわけです。フィナステリドはこのうち、『Ⅱ型』の還元酵素の抑制の効果しかありませんので、先ほどの記事には、『Ⅰ型』と『Ⅱ型』の両方の5α-リダクターゼを抑制するために、

 

  • アゼライン酸が含まれた育毛剤
  • フィナステリドやミノキシジル等の公式な育毛成分が含まれた育毛剤

 

を併せてし応すれば効果的かもしれない、と書いたわけです。

 

ザガーロ(デュタステリド)の効果や副作用とは

Ⅰ型』の還元酵素の抑制

しかし、このデュタステリドは『Ⅰ型』の還元酵素の抑制も期待できるのです。つまりそれは、デュタステリドが、

 

  • Ⅰ型』の還元酵素の抑制=薄毛の改善
  • Ⅱ型』の還元酵素の抑制=AGA(男性型脱毛症)の改善

 

の両方を解決する、『フィナステリドの強化版』という位置づけにあるということになるんですね。事実、デュタステリドの『Ⅱ型』の還元酵素の抑制の力は、フィナステリドの『3倍』もあると言われています。したがって、

 

  • フィナステリド(プロペシア)
  • デュタステリド(ザガーロ)

 

の併用は推奨されません。 基本的に薬というものは、成分が重複するものの薬は併用できません。成分が重複すると、それぞれの持つ副作用が強くあらわれる可能性があるからですね。

 

『ここまでわかる,ここまでできる! こどもとおとなの脱毛症診療 (MB Derma(デルマ))』にはこうあります。

デュタステリドの安全性

 

日本人120名を対象にしたARI 114264試験では、デュタステリドの関連する有害事象として、勃起障害11%、性欲障害8%、射精障害4%、性機能障害3%を認めたが、それ以外のは直接関連性のあるものはなかった。よって安全性は比較的高いと思われる。

 

デュタステリドの副作用は男性の場合は、

 

  • 勃起障害
  • 性欲障害
  • 射精障害
  • 性機能障害

 

と、性欲に関するものが多くあり、女性の場合は、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)で、フィナステリドの副作用とそう大きく変わりはなく、専門誌にも『安全性は比較的高い』とあるのですが、

 

デュタステリドの副作用(男性)
  • 勃起障害
  • 性欲障害
  • 射精障害
  • 性機能障害
(女性)
  • 乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感

 

フィナステリド同様、女性の使用は固く禁止されていて、

 

  • 女性
  • 小児
  • 幼児
  • 乳児
  • 新生児
  • 重度の肝機能障害のある患者
  • 製剤成分に過敏症の既往歴のある患者
  • フィナステリドに過敏症を示した患者

 

には禁忌です。使用してはなりません。また、稀ですが重大な副作用として、

 

  • 肝機能障害
  • 黄疸

 

も報告されていますので、決して軽はずみに薬を使用してはなりません。フィナステリドやミノキシジル同様、素人判断で個人輸入などに手を出さずに、医師の指導のもとちゃんとした処方薬として手に入れるようにしましょう。

 

デュタステリドを使用してはならない者
  • 女性
  • 小児
  • 幼児
  • 乳児
  • 新生児
  • 重度の肝機能障害のある患者
  • 製剤成分に過敏症の既往歴のある患者
  • フィナステリドに過敏症を示した患者
重大な副作用
  • 肝機能障害
  • 黄疸

 

デュタステリドはまだまだ新しい薬です。『ここまでわかる,ここまでできる! こどもとおとなの脱毛症診療 (MB Derma(デルマ))』にはこうあります。

フィナステリドは臨床の場で使用されてからすでに10年が経過しているが、若者者だけでなく高齢者でも有効な例がみられ、さらに内服すること自体が患者のQOLを向上させるとの報告もある。毛量が増加するが、それ以前に毛直径の均一化がみられる。

 

やはり『臨床の場で使用されてから~年経っている』という事実は大きく、世界一厳しいと言われるFDAであっても『その商品の10年以上後のことなどまでは追いかけない』事実があります。したがって、この世にあるあらゆる商品は、必要以上に過信しないことが大切です。

 

しかし、当サイトでも『いつかまたフィナステリドやミノキシジルのように、有効な薬が出る。だから楽観的に待とう。ストレスは薄毛の原因にもなる』と書いてきましたが、やはりデュタステリドのような強力な薬が出てくれましたね。

 

 

かつてはフィナステリドやミノキシジルすらなかったのです。それを考えても、薄毛対策は楽観視が非常に有効ですね。『できるならやるが、無理にはしない』というスタンスが、望ましいはずです。

 

先生

いやあこれからが楽しみだね!もっともっといい薬が出てくれればいいね!
日進月歩っす!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. ザガーロという商品は『デュタステリド』という成分が含まれているAGA治療薬。
  2. デュタステリドはフィナステリドより効果が出るのが早い。
  3. フィナステリドと違うのは、『Ⅰ型』のリダクターゼにも有効だということ。
  4. デュタステリドは『Ⅰ型』と『Ⅱ型』の両方の5α-リダクターゼを抑制する。
  5. 安全性は比較的高い。
  6. 女性の使用は固く禁止されている。

関連記事とSNS

他の関連記事を探す

ハゲ隠し『帽子、カツラ、増毛パウダー』の効果は?不自然だと逆に薄毛がバレるかも…!肌に弱くなければ女性にもおすすめ!育毛トニックと効果的な使い方薄毛治療は皮膚科?美容系の皮膚科?女性の育毛外来の注意点や保険適用について『ホホバ・オリーブ・馬油・ゆず油』等をヘアオイルとして使うのは抜け毛対策になる?薄毛の原因にならないヘアアイテム一覧

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する