Contents|目次

ウィリアム・グラッドストン『大きな過ちを多く犯さないうちは、どんな人間でも偉人や善人にはなれない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人間が進化し、真価を発揮する為には、『深化の時期』というものが必要だ。自分が今窮地に陥っていると憂う人がいるならば、ウィリアム・グラッドストンのこの言葉、あるいは、電力王、松永安左エ門のこの言葉を見ると良いだろう。

 

ドストエフスキーは言う。

 

まず、過ちを『過ちだ』と認識している時点で、認識していない人間よりも、崇高である。例えばモンテーニュは、

 

と言ったが、『生きられるだけ生きる』ことを選択している『生きながらえている人』は、恐らく自分の取っているその選択肢が、『過ち』だとは認識していないのである。太宰治は言う。

 

その見識の有無が、偉人と凡人との差だ。そして『善人』はどうだ。ウィリアム・グラッドストンは言った。

『大きな過ちを多く犯さないうちは、どんな人間でも偉人や善人にはなれない。』

 

つまり、『過ちを犯していない』と自負している人は、もはや『人として生きている』とは言えない。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『人間が「幸せだ」と言ったのなら、そこにあるのは隠蔽だ。』

 

隠蔽というインチキをしているのに、それが過ちではない思っているのだから、そんな人間に善人などいないのである。

 

吉行淳之介は言った。

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

コナン・ドイル『全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる。』 永守重信『社員の中で成果を上げるのは、やはり自己管理のできる人です。まず大事なのは自己管理をする気のある人材を採ることです。』 タレス『万物は、神々に満ちている。』

 

関連する『黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』