『ヒト』を最適化しよう。

ウィリアム・グラッドストン『大きな過ちを多く犯さないうちは、どんな人間でも偉人や善人にはなれない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人間が進化し、真価を発揮する為には、『深化の時期』というものが必要だ。自分が今窮地に陥っていると憂う人がいるならば、ウィリアム・グラッドストンのこの言葉、あるいは、電力王、松永安左エ門のこの言葉を見ると良いだろう。

 

ドストエフスキーは言う。

 

まず、過ちを『過ちだ』と認識している時点で、認識していない人間よりも、崇高である。例えばモンテーニュは、

 

と言ったが、『生きられるだけ生きる』ことを選択している『生きながらえている人』は、恐らく自分の取っているその選択肢が、『過ち』だとは認識していないのである。太宰治は言う。

 

その見識の有無が、偉人と凡人との差だ。そして『善人』はどうだ。ウィリアム・グラッドストンは言った。

『大きな過ちを多く犯さないうちは、どんな人間でも偉人や善人にはなれない。』

 

つまり、『過ちを犯していない』と自負している人は、もはや『人として生きている』とは言えない。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『人間が『幸せだ』と言ったのなら、そこにあるのは隠蔽だ。』

 

隠蔽というインチキをしているのに、それが過ちではない思っているのだから、そんな人間に善人などいないのである。

 

吉行淳之介は言った。

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』