Contents

ウィリアム・サローヤン『誰でも死ななくちゃいけない。でも私はいつも自分は例外だと信じていた。なのに、なんてこった。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

詩人のW・H・オーデンが、

 

と言う様に、まるで他人の死は、文字通り他人事である。これは私の話をするのが手っ取り早いだろう。私は17歳で父を亡くした。そしていろいろあって、彼の死を願ったこともあったわけで、余命一年という宣告を聞いたときも、別に涙はでなかった。それよりも、不謹慎ではあるが(これで解放される)という気持ちの方が先行し、特にそれ以上の感情は湧かなかった。それに、なんだかちょっと、嘘くさくもあった。

 

死ぬわけないだろ。生まれた時からいた、あいつが。だって昔、あんなに大きな丸太を担いだり、レンガで暖炉を作って火をくべたり、あるいはバーベキューをして肉を焼いたり、森に探検しに行ったじゃないか。いつも元気だったよ。元気すぎて、力任せでうざったいぐらいだった。そんなあいつが、死ぬわけないだろ。

…死ぬのかな。…死ぬって、なに?)

 

私がその宣告を聞いた場所は、類稀な場所だった。普通の人が一生行かないような場所と言っても過言ではない場所だった。私は気がつけば、父親との思い出をその場所で思い出していた。自由になりたくて自由を追求したら、自由を奪われた。そして自分は今、どこにいる。彼には彼の時間が流れ、彼の人生が在ったのだ。そしてこうして死んでいく。だとしたらもう少しだけ、言わせてあげても良かったよなあ。気がつけば、私の頬には長い間封印していた『一粒の涙』が流れていた。

 

涙

 

それから一年後、父は余命3か月という時間を大きく上回って生きたが、この世を去った。私は死に目に会えなかった。父の死の知らせを聞いたときも、死後3日経ってからのことだった。私はそういう場所に、いた。

 

(死んだ?まさか。え、どういうこと?死ぬって、どういうこと?どうなるの?)

 

死ぬのは一年前にわかっていたのだ。それなのに、である。私は自分の人生に限りあることを知った。それは、父親が最後に遺した、メッセージだった。そして大いに泣き、大いに葛藤して、私はある決断に至った。私がこの残りの人生で出来ることは、『悔いの無い人生』を生きることだと悟ったのだ。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

モンテーニュ『私は自分の意見を述べる。それが良い意見だからではなく、自分の意見だから述べるのだ。』 王陽明『その人がどういうものを好むかで、人を判断しなさい。』 プルタルコス『貧窮の時に友たるは、友の最も大なるものなり。』

 

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』