名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

松下幸之助 名言/格言

松下幸之助

 

目次

 

  • 松下幸之助とは
  • 不撓不屈の男
  • 名言
  •  

     

    松下幸之助とは(画像

    日本実業家通称『経営の神様』。

     

    日本を代表する実業家として知名度が高い松下幸之助。1894年11月27日に和歌山県で生まれた彼は、日本が世界に誇る電機メーカーとして知られる「パナソニック」の創設者というだけでなく、ビジネス界においては「経営の神様」と崇拝される人物でもあります。

     

    わずか16歳で電力会社に入力した後、7年間の勤務を経て電球ソケットを作る小さな会社を設立しましたが、それが現在のパナソニックの基盤となりました。その後、取り扱う分野を少しずつ広げながらパナソニックの原型となる松下電器を築き上げた人物です。

     

    電球

     

    晩年は「松下政経塾」を開催して、実業家だけではなく政治家の育成にも尽力してきた彼は、後世にたくさんの名言を残しています。例えば、

    『石の上にも三年という。しかし、三年を一年で習得する努力を怠ってはならない。』

     

    『世にいう失敗の多くは、成功するまでに諦めてしまうところに原因があるように思われる。最後の最後まで諦めてはいけない。』

     

    など、私たちが普段の生活でも肝に銘じておきたい名言がたくさんあります。また、実業家として成功するための名言もたくさんあります。

    『すべての人を自分より偉いと思って仕事をすれば、必ずうまくいくし、とてつもなく大きな仕事ができるものだ。』

     

    『難しいことはできても、平凡なことはできないというのは、本当の仕事をする姿ではない。』

     

    など、彼の人生において常に謙虚で真摯な姿勢を忘れない彼の言葉は、多くの人の心に響きますね。失敗することを恐れずに、失敗しても成功するまで何回でもやり直す姿勢があれば、私たちの人生も充実したものになることを、松下幸之助の言葉は教えてくれているのかもしれません。

     

     

    不撓不屈の男

    松下幸之助は、9歳から丁稚奉公で働き始め、50歳あたりまでに700万円(現在の価格でおよそ200億円)もの資産を築いていました。

     

    ところが、1943年、軍から飛行機と船を作るよう命じられました。しかも国にはお金がないからお金を立て替えて欲しいと頼まれて、松下個人のお金で広い土地を買い、大きな工場を作りました。

     

    しかし翌々年には終戦。『お金は全部返す』と約束したはずの軍の偉い方は自殺。現在の価格で200億円の資産家だったはずの松下幸之助は、戦後、70億円の負債を抱えてしまった。

     

    しかし、松下電器は屈することなく成長していきました。そして94歳で亡くなるまでに、松下幸之助は日本一のお金持ちになっていました。

     

    負債

     

    PRESIDENT『2017,3,20』参照

     

    この話からも、松下幸之助がどれだけ不撓不屈の精神を持った人間だったかが垣間見えます。もう一度彼の言葉を見て見ましょう。

    『世にいう失敗の多くは、成功するまでに諦めてしまうところに原因があるように思われる。最後の最後まで諦めてはいけない。』

     

     

    スポンサーリンク

     

    松下幸之助の言葉

     

     

    『賃上げも、首切りも結構やな。だがしかし、ウチはよそのように人のクビは切れん』

     

    カテゴリー:仕事/経営

    9歳で丁稚奉公に出稼ぎ労働をしていた松下は、仕事のありがたみを誰よりも知っていたのかもしれない。昭和4年の世界大恐慌で、好調だった松下製品も売り上げが半減、他の企業がどこもリストラに走るなか、松下は言った。

    >>続きを見る

     

    『血の小便が出るまで苦労したのでしょうか。』

     

    カテゴリー:勇気/覚悟

    松下電器系列の販売会社や代理店の多くが、不況のため赤字経営に陥った時のこと。実情を聞こうと、松下が約200人の社長たちをホテルに集め、大懇談会を開いたところ、参加者たちからは次から次へと不満が続出。

    >>続きを見る

     

    『商売なんて、最初は無料で奉仕するつもりでやれ。』

     

    カテゴリー:仕事/経営

    世界に誇る松下電器、今はパナソニックだが、その生みの親が松下だ。子供の頃から知っている彼と、まさか経営者という同じ道を歩くとは思っていなかったが、 彼が小学生の頃から丁稚奉公に出ていたことを考えると、いささか親近感を覚える。

    >>続きを見る

     

    『人の行うべき誰にでも与えるものはある。笑顔を与える、笑いを与える。求める活動から与える活動へ転換をはかりたい。』

     

    カテゴリー:仕事/経営

    何しろ松下の名言に、『商売なんて、最初は無料で奉仕するつもりでやれ。』というものがあるくらいだ。彼が『与える』ではなく『求める』人間であれば、この様な言葉は出ない。あるいは、こうも言っている。

    >>続きを見る

     

    『雨が降れば傘をさす。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    ソ連の作家、エレンブルグは言う。『人間の運命は、ルール通りに行われるチェスというよりむしろ宝くじを思い起こさせる。』 イギリスの作家、アラン・シリトーは言う。『「運」ってやつは、たえず変わる。いま後頭部にがんと一撃くわせたかと思うと、 次の瞬間には砂糖をほおばらせてくれたりする。問題はただ一つ、へこたれてしまわないことだ。』

    >>続きを見る

     

    『人間万事、世の中のすべては、天の摂理で決まるのが90%、あとの10%だけが人間の成し得る限界だ。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    人事を尽くして天命を待つ。この言葉を考えると、松下幸之助の他の言葉、『賃上げも、首切りも結構やな。だがしかし、ウチはよそのように人のクビは切れん』『血の小便が出るまで苦労したのでしょうか。』『商売なんて、最初は無料で奉仕するつもりでやれ。』

    >>続きを見る

     

    『機会というものは真に熱意をもってことに当たれば、随所にあるものである。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    この世の滑稽さがわかるワンシーンがある。本屋やコンビニの本棚、あるいは今ならAmazonに置いてある倉庫の中に、『宝の地図』が置いてある。別に、隠されていない。しかし、それを手に取る人が少ない。

    >>続きを見る

     

    『いくら粉飾したところで、自分の生地は誤魔化し切れない。正直こそが、処世の一番安全な道。』

     

    カテゴリー:仕事/経営

    『メッキ』を思い出せば一発だ。あれの実態は、単なる『一時的な装飾』である。重きを置くべきなのは『メッキ貼り』の技術研鑚ではない。見栄、虚勢、粉飾、捏造、

    >>続きを見る

     

    『私は部下に大いに働いてもらうコツの一つは、部下が働こうとするのを、邪魔しないようにするということだと思います。』

     

    カテゴリー:仕事/経営

    部下が働くのを邪魔していたら、部下が『大いに働けない』に決まっている。全ての人間の潜在能力が発揮されて、初めて強いチームが完成するのだ。また、孔子の言葉の超訳として、『適材適所がある。弓使いが前線に居ても使い物にならないだろう。』

    >>続きを見る

     

    『人間の運命を変えようと思ったら、まず日々の習慣から変えるべし。』

     

    カテゴリー:時間/運命

    『心が変われば態度が変わる。態度が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。』

    >>続きを見る

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ


    広告

     

    ↑ PAGE TOP