『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

人の評価というのは、正しいのだろうか。そもそも、その『人』というのは、一体誰のことだろうか。赤ん坊?幼稚園児?小学生?彼らの言いたいことを汲み取ろうとすることは愛情だ。だが、彼らの言うことを短絡的に鵜呑みにするのであれば、それは愛情不足だ。彼らが正しいことを言っているなら何も問題はない。だが、間違っている場合は、その間違いを正すのが愛情だ。間違っている意見をそのままにしてしまうことは、意識、無意識関係なく、悪気の有無にも関係なく、愛情不足だ。

 

では、正しい評価をするのは、大人?政治家?有名人?アメリカ人?別にここはドイツ人でも、当然日本人でもいいわけだが、では、その様に子供から格上げされた存在だからといって、彼らが本当に子供以上の存在であるという確証は、どこにあるのだろうか。彼ら大人が常に正しい選択肢を判断できるのであれば、なぜ戦争を巻き起こしてしまったのだ。

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
周りにいるほとんどの人が『偉人』ではなく、どちらかというと『誰かに従っている人』である。
ヒント2
つい最近まで多くの人間は、『太陽が地球の周りを回っている』と思い込んでいた。その間違った認識をガリレオコペルニクスという偉人たちが正した。

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

同じ的を射た偉人(41)

革命家(1)

 

政治家・リーダー(3)

 

発明家・ビジネスパーソン(4)

 

哲学者・思想家(8)

 

作家・小説家・詩人(11)

 

クリエーター・アーティスト(5)

 

支配者・将軍・軍師・棋士(3)

 

アスリート・剣豪(1)

 

科学者・学者(3)

 

四聖(2)

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)