名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

森信三 名言/格言

森信三

 

森信三とは

日本教育者。生誕1896年通称『教育の神』。

 

 

スポンサーリンク

 

森信三の言葉

 

 

『教育とは流れる水の上に文字を書くような儚いものだ。だが、それを岩壁に刻み込むような真剣さで取り組まなくてはいけない。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『教育』に真剣に向き合った人間なら、全員この言葉の前にひれ伏すことになるだろう。まさにその通りだ。それしか抱く感想はない。もし違う感想を抱く者がいるのであれば、それは『教育』を知らないだけだ。

>>続きを見る

 

『人間には進歩か退歩かのいずれかがあって、その中間はない。現状維持と思うのは、実は退歩している証拠だ。』

 

カテゴリー:自己/精神

仏教の開祖、ブッダは言った。『この世は諸行無常である。』『諸行無常(しょぎょうむじょう)』とは、この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、

>>続きを見る

 

『人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。』

 

カテゴリー:人生/生死

『逢うべき人』というのは、『自分の歩くべき道』の上で出会う人の事である。つまり、その道を歩いている人以外の人は、『逢うべき人』には出会えない。だからこのような言い回しになるのだ。

>>続きを見る

 

『いやしくも生をこの世に受けた以上、それぞれの分に応じて、ひとつの心願を抱き、それを最後の一呼吸まで貫かなければならない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

この様な言葉や、今回のような言葉は、人生に本気で立ち向かっているる人間からでしか出ない。

>>続きを見る

 

『私は人間は、第一はどこで生まれたか、第二は両親および家系にどんな特色があるか、第三は習った先生にどういう影響を受けたか。それによって人間は決まるという考えを持っています。』

 

カテゴリー:教育/愛情

教育について思慮を張り巡らせた人間だけがたどり着ける発想だ。表層だけで判断している様な人間にはたどり着けない。

>>続きを見る

 

『「先の見通しがどれほど利くか」「どれほど他人の気持ちの察しがつくか」「何事についても、どれほどバランスを心得ているか」この3つで、人間の知恵は一応わかる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

先見の明、洞察力と見識、配慮、調和の為に必要な自制心、他を尊重する謙虚な心構え。これが身についている人間は、人格者であり、識者だ。しかし、それが人格者であり、識者であるということを見抜ける人間は、そう多くない。

>>続きを見る

 

『死は人生の総決算である。肉体の朽ち果てたあとに、なお残るものは、ただ、肉体が動いている間に成した真実のみである。』

 

カテゴリー:人生/生死

自分の命の火が消えた後も、尚そこに残る、その人の面影。例えば、子供だ。そこに宿っているのは、間違いなくその人の血であり、細胞である。

>>続きを見る

 

『金の苦労を知らない人は、その人柄がいかに良くても、どこか食い足りぬところがある。人の苦しみの察しがつかぬからである。』

 

カテゴリー:お金/資産

それがかつての私だ。20代前半までの私だ。私の人柄は、良い方だった。周りの評判もあった。私の周りにはいつも笑顔があった。当たり前だ。私が笑わせていたのだから。

>>続きを見る

 

『お金を軽視する者は、いつかどこかでしっぺ返しを受ける。』

 

カテゴリー:お金/資産

『お金を軽視する者は、いつかどこかでしっぺ返しを受ける。』 これに関しては、この記事を載せておくだけで十分だ。

>>続きを見る

 

『満身創痍に、縦横無尽に受けた人生の切り傷を通じて、つかまれた真理でなければ、真の力とはなり難い。』

 

カテゴリー:自己/精神

楽をして手に入れた力ではなく、自分の力で、泥沼から這い上がって身につけた力が欲しい。同じ『力』でも、前者と後者では、その重みが違う。説得力が違うのだ。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP