『ヒト』を最適化しよう。

エジソン『私は失敗などしていないよ。1万通りのダメな方法を見つけただけだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

エジソンは小学校の低学年の頃、先生に『この子はおつむが弱いから授業についていけない』と決めつけられ、学校から追い出されてしまった。初等教育さえも受ける脳力がないことをトーマス・エジソン本人に知らしめたのは、先生という名の権威者であった。もしエジソンがこの先生の指導に従っていたとしたら、その後の彼の人生はどうなっていたことだろう。

──▲ナポレオン・ヒル『成功哲学』抜粋

 

例えば、色のついた液体が無数にあるとしよう。その液体の何色かと何色かを組み合わせれば、歴史的な『新製品』が誕生するという状況だ。だが、同じように、何色かと何色かを組み合わせてしまえば、例えば、爆発してしまう。『混ぜるな危険』である。

 

何色

 

ある日記者は言った。

 

記者

どうして1万回もの失敗をして、諦めなかったのですか?

 

そしてエジソンは言ったのだ。

 

私は失敗などしていないよ。1万通りのダメな方法を見つけただけだ。

エジソン

 

もしエジソンが、『他の科学者の為にあらかじめ、混ぜたら危険な液体の組み合わせを調査していた』としたら、この話は実に論理的な話になるではないか。彼は、後の彼以外の誰かが、自分と同じ過ちをしないように、説明書の空白を埋めたのだ。『混ぜるな危険』という名の、空白を。

 

実験は必ずしも、製品化だけが成功なのではない。例えばポスト・イットのように、失敗から導き出される製品もあるのだ。そう考えたら、エジソンと記者との間にある差が浮き彫りになる。そして、かつての『先生』とエジソンの間にもだ。もちろん『先生』が言ったように、エジソンが落ちこぼれなのではない。実際はその逆なのだ。

 

孔子の言葉を通しても以前書いたが、

 

なまじ、『先生』などという図式に甘んじて見誤った彼の罪は大きい。そもそも、『先生と記者』は、なぜ自分の考え方が正しい(一般的、常識的)と思ったのか。まず考えるべきなのは、その根本である。この言葉の奥行きを更に広げる為には、下記にリンクした黄金律を見るのが良いだろう。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

エジソンの名言・格言一覧