『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

一つのことに集中することの恩恵は計り知れない。何しろ、他のことに注意が逸れないことで、そのたった一つのことがどんどん磨き上げられていく。まるで、磨けば磨くほど切れ味が研ぎ澄まされる、剣を磨くイメージだ。

 

あるいは、ダムの水路でもいい。ダムに水が溜めてあって、水路が10個あったとする。その水路10個全てから水が放水されているイメージを思い浮かべる。今度は、1つの水路だけだ。残りの9つは堰止めされている。このダムの水が、『放水される水路の数が多くなればなるほど、一つの水路から放水される水の量と勢いが弱まる』という事実があった場合、当然、1つの水路に絞って放水した方が、その水の勢いは強くなることになる。

 

その事実だけを受けたところで、何か特別な印象は得ない。だが、もし1つに絞った放水の力でなければ届かない壁があるとしたらどうだろうか。10個からの放水だと、ジョボジョボと下の貯水池に水が垂れ流されるだけ。だが、これを1つに絞ると、水の量と勢いが強くなり、ほぼ『直線』になる。ちょうど、ホースで水の勢いを強くしたいとき、ホースの先をつねって水を直線に放水させるイメージだ。『自分の要素』という水の量は同じでも、『放出口の最適化』をするだけで届かないところに手が届くようになる。

 

 

これは、人間がその自己実現において異彩を放つために必要な、極めて重要な事実である。

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
『スムーズに行動したい』のか、それとも、『結果を捻出したい』のか。そのどちらを求めているかで全てが決まる。
ヒント2
そもそも、その『最後』が何か、知っているだろうか。その『最後』のために全てを代償にしていいと覚悟しているだろうか。もし覚悟していないなら、まず見るべきなのは、この記事だ。

 

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

同じ的を射た偉人(63)

政治家・リーダー(2)

 

発明家・ビジネスパーソン(11)

 

哲学者・思想家(10)

 

作家・小説家・詩人(12)

 

クリエーター・アーティスト(12)

 

支配者・将軍・軍師・棋士(3)

 

アスリート・剣豪(4)

 

科学者・学者(8)

 

四聖(1)

 

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)