『ヒト』を最適化しよう。

ゲーテ『人はほとんど知らない時にのみ知っている。知識とともに疑いが強まるのだから。何でも知らないことが必要で、知っていることは役に立たない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

ソクラテスは言った。

ソクラテス

 

つまり、『無知の知(自分が何も知らないということを知っている知性)』がある人だけが、物事をよく理解している謙虚な状態。そして、『全知全能』のように振る舞う人間は、何も吸収しようという気が無いから、それ以上の存在にはなれない。そこにいるのは、単なる傲慢不遜の思い上がった人間でしかないのだ。

 

遠藤周作は言った。

 

『無知の知』を持ちたい。ほんとに知者になりたければ、『知り尽くした境地』に達してはいけないのである。

 

境地

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧

ゲーテの名言・格言一覧