『ヒト』を最適化しよう。

ルター『いくら知恵があっても、これを使う勇気がなければ何の役にも立たないように、いくら信仰が厚くても、希望がなければ何の価値もない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『いくら知恵があっても、これを使う勇気がなければ何の役にも立たないように、いくら信仰が厚くても、希望がなければ何の価値もない。希望はいつまでも人とともにあって、悪と不幸を克服するからである。』

 

ソクラテスは言った。

ソクラテス

 

つまり、『知識<知恵<勇気』という図式が見えて来る。それはそうだ。裁判官や弁護士や検事といった知識豊富な人々も、知恵が不足していることによって、臨機応変な対応が取れなければ、判断を見誤り、冤罪を認めてしまうことはあり得る。周りの空気も間違いなくそういう雰囲気になっているし、それに逆らうことはあまり賢明ではなさそうだ。

 

だが、ソクラテスが、

 

と言っている様に、『勇気』があれば、ここで言われている『賢明な判断』などには逃げない。つまり、『知識』ある故に『何が賢明で、そうじゃないか』を知っていて、それに逆に支配されてしまい、『臆病』になり、およそ『知者』と呼ぶにふさわしくない行動を取る。それでは『知恵』があるとは言えない。そこに『勇気』などない。

 

同じように考えた時、『宗教』はどうだろうか。アメリカの詩人、ディキンソンは言った。

 

『戦争の宗教』など、あるのだろうか。認めていいのだろうか。あったとしてもそれは認められないし、そこに『希望』などない。だがもちろん、それを断定するときは、その『発端』を確実に明確にしなければならない。もし争いを起こす人が、その前に誰かに家族を皆殺しにされていたらどうだろうか。下記関連ページを見て、更にこのテーマを深く内省したい。

 

 

どちらにせよ言えるのは、『希望』のない世界など、人は、生きたいと思わないということだ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。』

同じ人物の名言一覧

ルターの名言・格言一覧