名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『愛は差別をしない。というか、「差」など人間が勝手に作った概念だ。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

格差や身分差別は、人間が勝手に創っただけだ。長い間、それが強烈で熾烈であるからと言って、それが決定的な事実だ。 だから気にする必要はない。愛は平等に人に降り注ぐ。そして罪も平等に人に降り注ぐ。

 

今、右肩上がりのあの人が『右肩上がりに見える』のは、人為的なものでカバーしているだけだ。今、右肩下がりのあの人が『右肩下がりに見える』のは、人為的なものの損失を被っただけだ。それは『愛』とは関係ない。


例えば理不尽な殺人鬼が、爆弾を設置して、今日も多くの人の命を奪おうとしていたとする。そこに無邪気な子供が寄ってきて、裾を掴み、純粋な目で彼を見たとする。

子供は彼を『殺人鬼』だとは思っていない。


その刹那、彼の心は妙な『違和感』を覚えた。

 

彼は爆弾とは反対の方向へ走る。


しかし子供は無邪気に、爆弾の方向へテクテクと歩き出す。

 

後1分で爆発する。


彼は足を止めない。


それまで何人もの人を殺してきた。もう後戻りなど出来ない。

 

30秒。 このままでいいのだろうか。


もう、思考回路はとっくのとうにショートしている。 15秒。


気がつけば彼の足は子供の方へと向かっていた。 5秒。


爆弾はもう止められない。


子供を抱いて、全速力で反対方向へ走る。

 

3、2、1

 

辺り一面に轟音が鳴り響き、その爆風で男と子供は吹っ飛ばされた。

 

男は背中で爆風を受け、その衝撃で命を落とした。


しかし、彼の腕の中でくるまっていた子供は、一命をとりとめた。

 


彼はそもそも、なぜ『殺人鬼』だったのだろうか。しかし彼は確かに、『殺人鬼』だったのだ。死んだ後もその事実は変わらない。彼のせいで多くの人が、命を落とした。しかしその子供は助かった。そこにあったのは、何だったのだろうか。


彼が抱いた『違和感』の正体は、なんだったのだろうか。

 

彼は、何を欲していたのだろうか。彼は、何を手に入れたのだろうか。

 

彼を生んだのは誰か。もしくは、何か。


彼は死んだ?あるいは救われた?

 

それなら彼を救ったのは誰か。あるいは、何だったのだろうか。

 

それは、この混沌とした理不尽で儚く、無常な世界の暗闇に、確かに一片の光が差した、瞬間だった。

 

 

参照:『第二法の書 第7章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

キリスト『愛は差別をしない。というか、「差」など人間が勝手に作った概念だ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『真理の道から外れた者は、文字通り道を踏み外して転落する。そこには暗闇が用意されている。』

 

『人には魔性と聖性がある。魔性を消し去ることは出来ない。だが、抑えることは出来る。』

 

『争いや破壊をさせるために人間をリーダーにしたのではない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP