『ヒト』を最適化しよう。

ルター『死は人生の終末ではない。生涯の完成である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

例えば、セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスが、自転車で崖を走っていた時、友人に『落ちたら死ぬぞ!』と言われて、

 

と言った。

 

あるいは、作家の島崎藤村は、重体で死期が近い友人の田山花袋に向かって、

 

と言った。彼らは一体人生を、どう捉えていたのだろうか。今回のルターの言葉を考えたとき、彼らの事を思い浮かべている自分がいた。宗教改革者であるルターと、彼らの様なアーティスト、クリエーターは畑が違うので、結びつけるのは違うかと一瞬思ったが、よく考えると『畑』も何もない。

 

我々は皆、『人間』なのである。そしてこの言葉は、実に傾聴、及び思慮に値する。なぜなら、昨今私が疑問を抱いていた、『銃を乱射した後に自殺する人間』への問題が、ルターのこの言葉で、説明がつくと思ったからである。

 

ダーツ

 

彼らの中には、『派手に終わらせてやるよ』などというメモ書きを用意して自殺した者もいる。シド・ヴィシャスの様なアーティストがいる中で、彼らの様な生き方、死に方をする人間に対し、どう説明すればいいか悩んでいたのだが、なるほど、ルターのこの言葉を考えた時、答えは見えたのだ。

 

つまり、彼らにはある種の『美学』がある。アーティストにも多々、こういう美学を持つ人間が現れる。従って、私は肯定する要素がわずかでもあるかもしれないと、頭を抱えていた。

 

しかし、『人を殺して自殺する』人間の人生など、『失敗作』である。『人生』というのは、死を遂げる最後のその瞬間までのことを、指すのだ。そして『寿命』も同じで、生まれて死んでいくまでの間のことを、指す。

 

我々のこの寿命という命の日数の中で、『人生ではない時間』など、存在しない。そしてそれは当然、死ぬ瞬間までが、それに該当するのだ。自分はもちろん、他人の人生を無下にする様な生き方をする人間がいる。そんな人間の人生は、『失敗作』である。つまり虚しい。彼らは『美学』を追求したつもりでいるのだ。しかしもうそれは出来ない。私がルターの言葉を通してそれを暴いた。

 

彼らに『美』などない。むしろその逆で、彼らはただ『醜態』を晒しただけだ。それも、未来永劫歴史に遺り続け、『隔離される病原菌』の様な極めてぞんざいな扱いを受け、いずれこの世から抹殺される、虚しい人生なのだ。

 

悩み

 

自分では美しいと思って勘違いし、笑われる人がいるだろう。彼らの人生など、あの程度だ。悔しかったら、そのプライド(誇り)を一ミリでもずらして軌道修正することだ。きっと素晴らしい生涯が、完成するはずだ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ルターの名言・格言一覧