『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ソクラテス『不正をしている仲間に入るより、「どんな危険があろうが、国と正義のために戦おう」と心に誓ったのだ。』

古代ギリシャ哲学者 ソクラテス画像

内省

国の人間に寄ってたかって、『なぜお前は大勢の意見に従えないのだ』 と言われ、真実の隠蔽を強要されたソクラテス。ソクラテスの弁明の舞台である裁判よりもずっと前に、 歪曲した正義のために命を落としていたかもしれないのだ。だがなぜ『国の人間に』強要され、それを拒否し、殺されかけたのに、『国と正義のために戦う』と言ったのだろうか。

 

アインシュタイン はこう言っている。

 

アインシュタインやノイマンといった群を抜いた天才科学者であれば、戦争の為の危険すぎる武器の発明を強要されることがあるからだ。また、こういう言葉がある。

 

byクロード・ホプキンズ

 

つまりそういうことだ。『不正をしている人間』はもちろん、『大多数の人間』と『国と正義』は同じ意味ではない。自分の周りにそれを理解している人間は、どれぐらいいるだろうか。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献『これならわかるソクラテスの言葉』や史実に基づき、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

ソクラテスに関する他の記事

ソクラテス(Socrates)とはどんな人物か ソクラテスの名言・格言一覧