目次

ルター『魂を私から奪うことは出来ない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

1517年、信仰改革運動を起こし、ローマ教会と教皇の権威を公然と否定した。自分の身を案ずる友人に対し、ルターは手紙でこう言った。

『私の名と信望はすでにむしりとられています。たった一つ残っているものといえば、あわれな弱い私の身体だけです。彼らはこれを取ろうと思ってもせいぜいほんの1,2時間痛めつけるだけで、魂を私から奪うことはできません。』

 

その後、破門状が届き、死刑を宣告されるが、ワルトブルク城にかくまわれ、難を逃れた。聖書全巻のドイツ語訳を完成させる。今の、ドイツ標準語ががあるのはルターの功績である。力に屈しないとは、こういうことだ。たとえどんなに外部から表層的に追い詰められても、もっと言えば内部から負の感情に押しつぶされそうになっても、決して屈しない。自分の信じた信念や意志、真理や神を、決して見失わない。それこそが、人間の矜持なのである。この世を生きた、証なのである。

 

私は宗教の存在自体は容易には認めない人間だ。だが、信念のある人間の生きざまには、強く心を打たれる。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ルターの名言・格言一覧