『ヒト』を最適化しよう。

新渡戸稲造『逆境にある人は常に「もう少しだ」と思って進むとよい。いずれの日か、前途に光明を望むことを疑わない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

エジソンは言った。

 

経営学の父、ドラッカーは言った。

 

こう自問すると良い。

 

『1万時間やったか?』

『10年かけたか?』

 

ベッカムは言う。

 

なあに、迷うことはない。構うことはない。疑わないこと。それが強さだ。

 

関連リンク:ビビ『船でちゃんと学んだのよ!!諦めの悪さなら!!』

 

諦め

 

ところで、ダイソン掃除機の創始者ジェームズ・ダイソンは、あのサイクロン技術を搭載したダイソン掃除機を発明するまでにどれだけの失敗をしたと思うだろうか。

 

答えは、5126回である。

 

普通、100回、200回と失敗した段階で、諦める人がほとんどではないだろうか。1,000回やったらもう周りからは白い目で見られる。2,000、3,000、4,000、5,000、一体彼は失敗を積み重ねるたびに、どれほどの精神的ダメージを受けてきただろうか。だが、彼は屈さなかった。それは、彼が冒頭のエジソンの言葉を信条にしていたからである。

 

更にエジソンはこう言っている。

 

 

ダイソンに言わせてみれば、自分など彼の半分の努力しかしていないということなのである。

 

『逆境にある人は常に「もう少しだ」と思って進むとよい。いずれの日か、前途に光明を望むことを疑わない。』

 

新渡戸稲造のこの言葉を、彼ら偉人たちの言葉と照らし合わせながら、かみしめるべきである。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧