名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ベッカム『僕の秘密は、練習だ。もし何か人生で特別なことを実現したければ、ひたすら頑張って、頑張って、そして、もっと頑張ることだというのが、僕の昔からの信念だ。』

ベッカム


イギリスサッカー選手 ベッカム画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察

 

この言葉が書いてあるマシュー・サイドの著書『非才』には、その他にもミケランジェロのこの言葉が掲載されている。

『これほど熟達するまでに、どれほど熱心に取り組まねばならなかったか、人々が知ったなら、さほどすばらしいとは思ってくれまい。』



この言葉を聞いて戒めるべきなのは、人間なら誰しもが持つ醜い心、『妬み』と『思慮浅さ』だ。そしてこの戒めには、キリスト教の7つの大罪である、『嫉妬』と『怠惰』と『傲慢』にも当てはまる罪なのである。

 

天才が、最初から天才だと決めてかかることは、彼らが陽の当たらない場所で、来る日も来る日も積み重ねた努力への侮辱である。だからもし自分の『怠惰』を棚に上げ、結果を出した天才を妬み、嫉むのであれば、 せめて的を『天賦の才』から『積み重ねられる努力』に向けた方が良い。

 

つまり、

『あいつは天賦の才があり、不公平だ。俺は、私は、いくらやっても敵わないじゃないか。』

 

こう言い放つ人間は、『傲慢』なのである。自分が努力を積み重ねなかっただけだ。ベッカム以上に積み重ねれば、ベッカム以上の結果を生んだ。

 

王貞治は言った。

『努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。』

 

それでも結果が出ないなら、恐らくそれは、『入力する場所』を間違えている。ベッカムを超えることに固執し過ぎて的を取り違えたのだ。『嫉妬』心に支配された、罪を認めた方がいい。

 

サッカー

 

追記:2017年4月。この王貞治の言葉を父親から聞き、それに感銘を受け座右の銘にした女優の芦田愛菜は、都内にある超難関中学への入学試験に合格した。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ベッカム『僕の秘密は、練習だ。もし何か人生で特別なことを実現したければ、ひたすら頑張って、頑張って、そして、もっと頑張ることだというのが、僕の昔からの信念だ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『教室にはあまりいたくなかった。いい教育を受けるのは大事なことだとわかっていても、頭の中にはフットボールしかなかった。』

 

『ぼくがロングシュートを決めると、よく人々はまぐれだと言うが、それは違う。ぼくは小さい頃からロングシュートを撃つ練習をしてきた。』

 

『今僕にモチベーションを与え、前向きな気持ちにさせてくれているのは、暗いトンネルを抜けたところにある、ワールドカップという光なんだ』

 

『戦争とサッカーは別物だ。ボクが考えているのは、親を失った子供、子供を失った親のことだ。そのような人たちの力になってあげたいと思う。サッカーの試合に勝つことで彼らに微笑みを与えることができるのであれば、ぜひともそうしたいと思うよ』

 



↑ PAGE TOP