名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ビビ『船でちゃんと学んだのよ!!諦めの悪さなら!!』


『不撓不屈(ふとうふくつ)』とは、『どんな困難にあっても、決してくじけないこと』を意味する。この言葉の意味を知った直後から、これは私の座右の銘でもある。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    ビビの言葉を自分のものにする


    諺など、TPOによってその信頼値は変わる。例えば、『二度あることは三度ある。』と、『三度目の正直』とでは、意味が矛盾する。

    私は、とかく合理的な判断、『コンコルドの誤謬(ごびゅう)』の真理に逆らう、ある心構えが、好きだ。

    それは、
    『金脈は、最後まで掘りつづけることができる人間にしか掘り当てられない』

    というものである。

    この背景には、『弾み車効果と悪循環』という真理があり、実は、軽んじることはできない。

    腕力のある人間?


    大金はたいた高級採掘車?


    圧倒的な人数?

    いや、違う。金脈を掘り当てることができる人間は、『最後まで掘りつづけることができた人間』だ。





    かくいう私も、もちろん、掘りつづけることができたことと、そうでないことがあった。その違いを今分析すると、どういう方向から考えても、その答えは『主体性』である。

    私が主体性を持って『はじめの一歩』を踏み出したボクシングジムに、その突破口から楽をして入ってきたような人間は、案の定、3ヶ月ももたない人間が9割。最後まで残ったのは、結局一番最初に門を叩いた、私一人だった。

    今の仕事の前にやっていた仕事でも、4社同時に同じことをやっていたのに、残りの3社は、途中で諦め、最後まで残り、大きな成果を挙げたのは、うちの会社、つまり、私たった一人だった。その中には、その仕事の創始者のような者もいたのに、彼もまた諦め、私だけがその仕事で大きな利益を上げたのだ。

    今の仕事もそうだ。一体何人がこの仕事をやっていたかわからない。だが、壁にぶち当たり、すぐに諦めてしまい、辞めていった。そして、私だけが残って、道を開拓し、会社として成り立つまで、立場を確立させたのだ。もちろんまた、その中には、私にこの仕事を教えた、張本人もいたのだ。

    創始者?


    金持ち?


    権力者?

    もう一度言おう。金脈を掘り当てることができる人間は、『最後まで掘りつづけることができた人間』だ。


    ビビ『船でちゃんと学んだのよ!!



    諦めの悪さなら!!!』


    不撓不屈。何があっても決して諦めるべからず。それが、"強さ"だ。

    だがその前に、『決して諦めたくない』と心底が思うような、仕事や、生き方を、探す必要がある。

    自分の心と向き合って。

     

     

    画像:『STRONG WORDS(上巻)

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

    シェア

     

    ビビ『船でちゃんと学んだのよ!!諦めの悪さなら!!』


    スポンサーリンク

     

     

    同じ人物の名言


  • 『いつかまた会えたら!!!もう一度仲間と呼んでくれますか!!!?』
  • 『私…一緒には行けません!!!』

  • 同じアラバスタの身内


  • コーザ
  • コブラ
  • ペル

  • 旅の友


  • ゴーイング・メリー号
  • ウソップ
  • サンジ
  • ゾロ
  • チョッパー
  • ナミ
  • フランキー
  • ブルック
  • ルフィ
  • ロビン

  • 最新記事をチェック

    『人類の永久保存版』の名に恥じない、『8,000の名言を通して捻出された38の黄金律』の最新情報をチェック!

     



    ↑ PAGE TOP