『ヒト』を最適化しよう。

新渡戸稲造『籠城主義もいいが、それは手段であって目的ではない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『籠城主義もいいが、それは手段であって目的ではない。寄宿舎の窓を開いてもっと世の中に接し、社会的観念を養成して実社会に活動できる素地をつくれ。』

 

石川啄木は言った。

 

守られた殻の中で、基礎と、その『自己』を熟成させあるいは、この世界が何であるかを熟考する時期は『必要』だ。

 

 

だが、『重要』なのは、『目的』である。手段とは、一時的なものであり、目的こそは、歩くべき人生の本道である。殻を破ってぐるりと見渡すと、更に新たな見解が持てて、

 

 

殻を飛び出したとき、いよいよそこから『新世界』が始まる。

 

 

つまり、殻に閉じこもることは『練習』であって『本番』ではないのだ。人生の本番から目を逸らす『現実逃避者』に自分が成り下がっているとわかっても、今の行動を取り続けるだろうか。いいや、元々『プライド(守りたいもの)』があったからこそ、籠城していたのだ。プライドがある人間は、成り下がることは決してない。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧