『ヒト』を最適化しよう。

トルストイ『死ぬとき人間はひとりである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

田山花袋はこう言い、

 

ヘルマン・ヘッセは言う。

 

生きても、二人になっても、命を生み出しても、どうせ死ぬ。しかも、死は予期せぬ時に訪れる。自分の理想の死に方で逝けるとは限らない。空しい。悲しい。儚い。辛い。どうせ死んでしまうのに、どうしてこの世に生まれしまったのか。何とかして生きていけないか。どうにかしてこの平和な日々を継続できないか。

 

それこそは『執着』。そんな事を考えているのは、人間だけなのである。

 

イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープは言った。

 

生きるのだ。どうせ死ぬのだから。そこにあるのは人間の矜持であり、意志である。それこそが、この世を生きた証である。自分にしか生きれない唯一無二の道を、ひた進むべし。それだけが、人生の黄昏時を迎えたときに振り返って、後悔しない、たった一つの道である。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

トルストイの名言・格言一覧