『ヒト』を最適化しよう。

トルストイ『どんなに仲のよい、美しい打ちとけた関係であっても、相手の気に入ることを言ったり、賞賛したりするのは、車輪の進行に必要なように、是非なくてはならないものである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『親しき中にも礼儀あり』。

 

あるいは、伊達政宗は、

 

と言ったが、食事を作った物に対し、店先では代金を払うくせに、家ではそれをしない。それならば、『ごちそうさまでした』と一言声をかけるのは、彼・彼女に対する『お代金』だということを知るべきである。『社交辞令』となると私は同意するつもりはないが、しかしそれも同じ線の上にある話である。

 

『礼儀』とは、まるで『潤滑油』。そもそも、我々の個性という歯車は、同じ形ではないのだ。それらをうまくかみ合わせるための潤滑油の重要さを知れば、多くの問題が解決するだろう。

 

潤滑油

 

映画『ビューティフル・マインド』は、ノーベル経済学賞受賞の実在の天才数学者、ジョン・ナッシュの半生を描く物語だが、このジョン・ナッシュは気難しい性格で、学校の寮で同じ部屋になった人物と、最初なかなか意思疎通ができなかった。

 

そこで社交的で強引な『寮友』が、

 

男性

互いに噛み合わない時は潤滑油がある。

 

と言って、ジョンに酒を見せつけ、酒で彼らの噛み合わなかった歯車を噛み合わせた。(なぜ『寮友』として強調して書いたかは映画を観てのお楽しみにしたい。まあこの場合、『お楽しみ』というのも適切な表現ではないかもしれないが。)

 

 

  • 社交辞令
  • 賞賛
  • 礼儀
  • 名刺
  • お金

 

人間は、上記のようなものをちらつかせられたとき、態度を変える生き物である。名刺というのは、例えば誰かからの紹介だとか、どれだけの地位にいるかということを伝えるために役立つ手段だ。お金については説明不要だろう。

 

例えば、外国ではチップを用意するかしないかで、自分の思い通りになる確率に差が出てくる。口を割らない人間も、チップを出せば口を割り、欲しい情報を提供することがある。このようにして、『車輪の進行』に必要な『潤滑油』とは、持っているのといないのとでは、この旅の快適さに大きな違いが出てきてしまうだろう。

 

デール・カーネギーは言った。

 

潤滑油を使わずに強引に自分の歯車の形を押し込めば、きしむ。もし、その時に感じる嫌な音を聞きたくないのであれば、何かしらの潤滑油を持ち歩くべきだ。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『真の礼儀とは。』

同じ人物の名言一覧

トルストイの名言・格言一覧