『ヒト』を最適化しよう。

ドストエフスキー『あらゆる堕落の中で最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶらさがることだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

他人の首にぶら下がる人間を想像した時、そこにいるのは間違いなく『主体性』のない人間ということになる。親の七光り、パラサイト中年、コバンザメ、腰ぎんちゃく、奴隷に成り下がる負け犬、ざっと思い浮かべただけでも、日本人ならすぐに『スネ夫=情けなく卑怯なヤツ』という図式と照らし合わせ、少なからず心の中で軽蔑するはずだ。たとえ自分がそういう人間に成り下がっていたとしても。

 

動物や植物、昆虫を見渡せば、確かに『コバンザメ』の様な生き物はいる。むしろ彼ら・彼女らを見ると、実に逞しく見え、『生きるために必死』とか、『賢い』といったような印象を受けることも多い。だが、我々は人間なのだ。コバンザメやハイエナ、カメレオンや擬態する食虫植物ではない。

 

もしそれを受けた上でも、

 

いや、俺は別に他の生命と一緒でいいよ。

 

と言うのであれば、直ちに地球の覇者面するのをやめ、人間が『不自然なやり方』で捻出したあらゆる産物を使用することを拒否し、大自然の中で暮らすべきである。それが嫌で、人間として、人間に与えられた特権を行使していくつもりなら、地球のリーダーとしての立場をわきまえ、責任を自覚し、人生に主体的になり、地球に貢献していくべきである。

 

ブッダはこう言った。

ブッダ

 

『天上天下唯我独尊』だと。これは、『自分はこの世で最も崇高な、神なのだ』という意味ではない。

『この世に自分という存在はたった一人しかいない。唯一無二の人生を、悔いの無いように生きるべし。』

 

という真理を突いた言葉なのである。それを考えただけでも、他人の首にぶら下がり、自分の人生の舵を握らないことは、たった一度のこの命に対する侮辱行為である。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧