『ヒト』を最適化しよう。

ドストエフスキー『太陽におなりなさい。そうすれば、誰もがあなたを仰ぎ見ることでしょう。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

そして、もし自分が仰ぎ見られないということであれば、太陽になることが出来ていないということになる。太陽というのは、当然あの惑星のことではない。あの惑星になれる人間などいない。というか、人間は人間にしかなれない。

 

 

だとすると、これは比喩である。『太陽の様な存在になる』ということなのである。太陽のように、熱い熱を放出するということではない。それは出来ないからだ。出来るのは、『太陽の様に、平等に世界に光を照らす』存在になることだ。何しろ、太陽は、それだけでは人を含めたあらゆる生命の命を奪うことにもなる。

 

それを、植物がオゾン層を作り上げて、ガードしてくれるから、地球に住む生命は、太陽の熱で焼け焦げなくて済むのだ。従って、『太陽は生命の源である』ということだけではなく、それと同時に、太陽にはそうした凶暴性も潜んでいることを忘れてはならない。だとすると、『太陽の様になる』ということは、その凶暴性を見習う、ということではないわけだ。従って、『太陽の様に、平等に世界に光を照らす』存在になるべきである話、だということが浮き彫りになるわけである。

 

四聖』に数えられる、

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

彼ら『仰がれている者』は皆、その『太陽』になったわけだ。

 

また、もう一つの見解がある。阪急グループ創始者、小林一三は言う。

 

自分が下足番のままでいるというのなら、それは自分が『太陽になる努力』を怠った証拠なのである。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧