『ヒト』を最適化しよう。

ドストエフスキー『僕だけが恥辱の中で暮らし、一人であらゆるものを汚し、美にも栄光にも全く気づかずにいたのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『そうだ、僕のまわりには小鳥だの、木々だの、草原だの、大空だのと、こんなにも神の栄光があふれていたのに、僕だけが恥辱の中で暮らし、一人であらゆるものを汚し、美にも栄光にも全く気づかずにいたのだ。』

 

 

ルソーは、

 

と言い、ドストエフスキーは、

 

こうも言っている。目の前にあるペットボトルの水は、『数億円の価値』がある。しかし、その水にそれだけの価値を与えることが出来るのは、砂漠で遭難して、水を飲まなければ命は終わってしまうことを自覚している人間だけだ。

 

 

人間は極限状態になって、ようやく物の価値がわかるということなのか。だとしたら、人生の黄昏時を迎えた時、この世に悔いを残すのは、『負ってきたリスク』ではない。避けてきたリスク、掴まなかったチャンス、立ち向かわなかった恐怖なのである。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』

同じ人物の名言一覧