『ヒト』を最適化しよう。

ドストエフスキー『神がいなければ、すべてが許される。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

まずこの『神』という日本語を、『真理、愛、基準、光』と言った言葉に置き換えて考えてみる。すると確かに、それらがない世の中は、今よりも混沌としていて、人の目と心は虚ろになり、闇に覆われる。

 

 

何しろ、何をしてもいいのだ。罰せられることはない。『罪や罰』とは、『それら』から逸れた証拠なのだ。それらがなければ、そうした概念もなければ、罪悪感も無い。『法律』とも違う。『ルール』とも違う。やはり、この混沌とした世の中に君臨する、圧倒的な何かがなければ、この世界にある今の秩序はあり得ない。

 

背理法』で考えてみる。背理法というのは、命題Aが真でないと仮定し、そこから導かれる結論に矛盾が生じることを示して命題Aが真であることを証明する方法。あるいは、『Bが真実である』という風に、仮説を立ててみる。すると、どう考えてもそれが、つじつまが合わない。従ってそれは、『嘘』だということになる。(やっぱりAが正しいのか)ということになるわけだ。『Aが真ではない』ということも、『Bが真である』ということも、両方『嘘』だ。真実は、『Aが真である』という事実のみとなる。

 

この背理法で考えた時、この世に『神、愛、真理、光、基準』というものが、『無い』と仮定して考えた時、それは大いに疑問のある答えとなる。『ある』からこそ、秩序が保たれている事実が存在しているのだ。しかし、『いる』という言葉になると、『神様という、人みたいな存在がいる』ということになり、その存在は誰も見たことが無いし、イエス・キリストの話も随分昔で、それきりだし、少し信憑性に欠けるが、『神』以外の、『真理、愛、光、基準』ということになると、その存在の蓋然性は極めて高くなる。

 

そして、それらが持つ実力は甚大であり、その恩恵はあまりにも大きいことから、それが=神である、と考えてもつじつまが合う。だとしたら、神は『いる』のではなく、『ある』ということになる。従って、『神がなければ、すべてが許される。』ということになり、しかしそうではない事実があるから、『神は、ある』ということになる。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧