『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

渋沢栄一『事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

しかし私の部下は、入社して7年経とうとしているのに、この『満身の精神』を持つことが出来ない。持っているのは『慢心の精神』だ。天と地ほどの差があるのである。

 

キリストの言葉の超訳でも、

キリスト

 

という言葉を書いたが、部下の、報酬、信頼、実力、その全てが『大したことが無い』のは、彼がないがしろにしてきた全てのことが『大したこと』だったからである。

 

松下幸之助もこう言っている。

 

往々にしてこれらは、『人の心』に繋がっていると心得るべきである。全てのことは、それに繋がっているのだ。そう考えれば、ないがしろにするときは、『人の心をないがしろにした』ことになり、だとしたらそのしっぺ返しは、当然のものとなる。例えば、たったの5分という待ち合わせの時間を、『早く』来るか、『遅く』来るか。それだけで、人間の印象が天と地ほどの差が出るだろう。

 

 

人生は、そういう積み重ねの連続で成り立っていて、慢心していては、自分の『身』は一生『満』ち足りることは無いだろう。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧