『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

渋沢栄一『親から子に対して孝を励めよと強ゆるのは、かえって子を不孝の子たらしむるものである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『親の気持ち子知らず』と言うが、親が求める気持ちが度を超すと、子供が抱くのは、『俺はお前のアイテムじゃねえんだよ』という、束縛からの解放の強い欲求である。何しろ私は、クリスチャンであることを両親から強要され続け、それは29歳になるまで続いた。(心でそう願われている期間も含む)

 

 

そして、前述した通りの欲求を強く抱き、『反抗』することになったのだ。それも、ただの反抗ではない。ただ、そんじょそこらの反抗と同じだと考えても別にいい。そっちの方が私にとって害が無いからだ。しかし、実に波乱万丈だった。もっとも、それはこれからも上等なのだが、過去はそこに主体性が無かった。『結果として』波乱万丈になっただけだったのである。

 

つまり、渋沢栄一の言う通りだ。まるでそこには、ドラゴンがいた。辺り一面を焼き尽くす、烈火の炎を巻き散らし、甚大な被害を及ぼした。無論、その全責任は私にある。だが、そのドラゴンを野獣化させたのは、親に責任があったのかもしれない。その現実を直視しておけば、私が親になった時、同じ過ちを繰り返さないだろう。

 

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧