『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

渋沢栄一『その仕事が真に有望で、且つ、その人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『有望な仕事があるが資本がなくて困るという人がいる。だが、これは愚痴でしかない。その仕事が真に有望で、且つ、その人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。愚痴をこぼすような人は、よしんば資本があっても大いに為す人物ではない。』

 

何しろ、『資本』とは、『資産』とも意味がほぼ等しいわけだが、資産とは、リソース(ヒト、モノ、カネ)のことであり、それはつまり、真に信用ある人なら必ず持っているはずのものなのである。

 

 

信頼というのは、その人の価値であり、人徳、人望だ。

 

この人なら決して裏切らないし、失敗することは無い。いやむしろ、失敗したとしても、この人が全力でやってダメだったのなら、それは最初からダメだったということだ。重要なのは、この人と、たった一度の人生で、そんな困難な試練に挑戦したということで、私は、それで本望である。

 

そう思わせるだけの人徳がないのであれば、どちらにせよどんな壁も乗り越えることは出来ない。つまりそれが先にありきだ。先にあるべきなのが、資産だと思っているのであれば、それは間違いである。

 

阪急グループ創始者、小林一三は言った。

 

資本などあってもなくても関係ない。『自分の意志こそが資本なのだ』という気概を持った人間だけが、試練の壁を突破していくのである。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧