Contents|目次

アインシュタイン『知的な馬鹿は、物事を複雑にする傾向があります。それとは反対の方向に進むためには、少しの才能と多くの勇気が必要です。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『知的な馬鹿』という言葉に全ての意味がある。まず、『知的』とすることで、その人物の尊厳をぞんざいに扱っていない。だが、その後に『物事を複雑にすることにおける弊害』を理解できていない部分をピックアップし、『それでは馬鹿と同じだろう』ということをほのめかして、気づきを与えさせてくれているわけだ。尊厳を尊重しながら、優しく諭しているということである。

 

私の周りや、私の過去を思い出しても、この『知的な馬鹿』はたくさん見かけることが出来る。つまり、往々にして人間というものは、この『知的な馬鹿』になりがちなのである。

 

だが、アインシュタインがこう言った様に、

 

その『蔓延している普通、一般常識』の正確性は、そもそも疑わしいのだ。

 

 

稲盛和夫は、

 

と言ったが、『単純なことを複雑に考える』のも、『複雑なことを、そっくりそのまま複雑に考える』のも、あまり賢いとは言えない。何しろ、鵜呑みにしている。その時点で、他の要素に支配されている。他の要素に支配されずに、しっかりとした自我を確立させる、強い主体性を発揮する人間は、この世にいるのだ。いる以上は、それと比較されることになる。

 

私などは、複雑な思考回路かつ繊細な心を持ち、極めつけは高いプライドを持っているものだから、正直、常にこの半生は葛藤してばかりだった。

 

知人の中には、

 

男性

考えすぎだよ。

 

とか、

 

そんなに考えて疲れない?

男性

 

と言う人間もいたが、これは正直な話、全く疲れないのだ。前者は単なる悪友の一人だからいいが、『疲れない?』と言った人間は心理カウンセラーだ。私は15歳だった。しかし、あれから17年の月日が経とうというのに、私のその時言った『いや別に疲れません。』という発言は、いまだに微動だにすることはない。逆に、(なぜそう発言するのか?)という『距離』さえ感じたものだった。それはおそらく彼女が、『複雑に考えすぎた』のが原因だろう。

 

私は複雑な構造をしているが、しかし、別に最終的には死んで終わるという決定的な事実を、真正面から受け止めているのである。つまり、唯一無二のこの命を生きるにあたって、『疲れる』ということにはならない。身体的にそうあっても、それはむしろ『悦び』だ。何しろ人間は、命を使い切ることが使命だ。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ガルシン『この世の中に人間ほど凶暴な動物はいない。狼は共食いをしないが、人間は人間を生きながらにして丸呑みにする。』 カミュ『奴隷は初めは正義を求めているが最後には王国を要求する。』 マリー・ストープス『十六歳で美しいのは自慢にはならない。でも六十歳で美しければ、それは魂の美しさだ。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『簡潔、単純、シンプルが知性だ。』

同じ人物の名言一覧

アインシュタインの名言・格言一覧