Contents|目次

アインシュタイン『私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

アインシュタインが、既存の要素をその形のまま強要されることを嫌がり、既存の要素を、自分の意のままに捉えて解釈したがった理由は、アインシュタインの想像力と創造性が、人と比べて、群を抜いていたからだ。例えば下記の絵をどう見るかだ。

 

 

これを、『とある老婆の横顔』と捉えるべきであると、教えられたのだ。しかしアインシュタインは、『とある若妻のななめ後ろ顔』と取った。それも正解なのだ。しかし、教育者を語る人間は、既存の要素をその形のまま強要するわけだ。普通、そういうことがいくつも続いたら、

 

(この人たちの言うことは別に聞く必要ないんじゃないか)

 

という発想が生まれることは、想像にた易い。

 

アインシュタインはこうも言い、

 

あるいはこうも言った。

 

エジソンならこうだ。

 

 

私も、アインシュタインと比べるほどではないが、私が受けた教育に、常に首をかしげる半生を送ってきたので、よくわかる。『反抗期』と片付ける人間がいる。だがそもそも『反抗』とは、『基準から逸れる』という意味だ。では、『基準』とは?クリスチャンになることを強要した私の両親は、『基準』なのか?そして、アインシュタインやエジソンの身の回りにあった教育とは、『基準』だったのだろうか。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

モンテーニュ『「きっと苦しむだろう」と不安に思う者は、すでにその不安によって苦しんでいる。』 フランクリン・ルーズベルト『明日を妨げるものは、今日の疑いだけである。』 糸川英夫『人生で大切なのは、失敗の歴史である。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

アインシュタインの名言・格言一覧