名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

安藤百福 名言/格言

安藤百福

 

安藤百福とは(画像

日本実業家。生誕1910年通称『カップラーメンの創始者』。安藤百福は1910年生まれで、日清食品の創業者です。カップヌードルやチキンラーメンを開発し、インスタントラーメンというジャンルを切り開いた人物としても知られています。台湾で生まれ、22歳の時に繊維商社を立ち上げました。繊維事業は成功し、1933年には大阪で日東商会を設立するほどに成長しています。第二次世界大戦後によって大きな打撃を受けるも数年後には中交総社を設立し、これが後年の日清食品の母体となっています。

 

そして1958年にはチキンラーメンを発売し、瞬く間にブームになりました。2007年に急性心筋梗塞によってこの世を去りますが、同年2月27日に社葬が行われ、小泉純一郎元首相や福田康夫元首相を始めとする著名人が参列しました。「事業を始める時成功を語るな、失敗から考えろ」など、事業家としての経験を元にした名言がいくつも遺されています。

 

 

スポンサーリンク

 

安藤百福の言葉

 

『彼女たちはどうしてあんな格好をしているのか?』

 

カテゴリー:知性/知恵

戦後の混乱期に全財産を失った安藤だが、48歳のときに、世界初のインスタントラーメンである、あの『チキンラーメン』を開発した。世界的ヒット食を生み出す大成功を収めた後も安藤は、新商品をすべて味見、宇宙食開発に着手するなど、探究の手を抑えることはなかった。

>>続きを見る

 

『明確な目標を定めたあとは、執念だ。ひらめきも執念から生まれる。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

旭硝子創業者、岩崎俊彌は言う。『易きになじまず難きにつく。』安易な道を選べば、目標の達成に執念などいらない。例えば下の図を見た時、

>>続きを見る

 

『即席めん開発に成功したとき、私は48歳になっていた。遅い出発ともいわれるが、人生に遅すぎるということはない。50歳でも、60歳でも新しい出発はある。』

 

カテゴリー:人生/生死

イギリスの政治家、ボールドウィンは言った。『人間、志を立てるのに遅すぎるということはない。』人間が『成長』するには、それなりに時間がかかるものだ。『膨張』なら早い。

>>続きを見る

 

『私が無一文になったとき、失ったものは財産だけではないか、そのぶんだけ経験が血や肉になって身についたと考えた。』

 

人物:安藤百福

私が無一文になったとき、失ったものは財産だけではないか、そのぶんだけ経験が血や肉になって身についたと考えた。すると、新たな勇気がわいてきた。人生、いつもうまくいくとは限らない。

>>続きを見る

 

『創業者利益を手中にする有効な方法は、スタートから大きく引き離すことだ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『新しい事業を切り開くためには技術革新が必要だ。新しい技術は商標や特許などの知的所有権によって守られなければならない。工業化できない特許には一文の価値もない。創業者利益を手中にする有効な方法は、スタートから大きく引き離すことだ。

>>続きを見る

 

『転んでもただでは起きるな。そこらへんの土でもつかんでこい。逆境に立ってすべての欲とこだわりとを捨て去ったとき、人は思わぬ力を発揮できる。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

『失敗するとすぐに仕事を投げ出してしまうのは、泥棒に追い銭をやるのとやるのと同じだ。転んでもただでは起きるな。そこらへんの土でもつかんでこい。逆境に立ってすべての欲とこだわりとを捨て去ったとき、人は思わぬ力を発揮できる。

>>続きを見る

 

『事業化できないアイデアは単なる思いつきにすぎない。本当のアイデアとは実用化されて、成功を保証するものである。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『事業のヒントは周りを見回せば、どこにでも転がっている。事業化できないアイデアは単なる思いつきにすぎない。本当のアイデアとは実用化されて、成功を保証するものである。どんなに優れた思いつきでも、時代が求めていなければ人の役に立つことはできない。』

>>続きを見る

 

『樹齢二千年という立派なブナの木があるが、もとをただせば鳥のフンからだ。創業とは一粒の種をまくことである。』

 

カテゴリー:仕事/経営

事業を始めるとき、金儲けしようという気持ちはなかった。何か世の中を明るくする仕事はないかとそればかり考えていた。会社は良い仕事をしたから儲かるのである。儲けとは答えであって、儲け主義とは違う。

>>続きを見る

 

『発明したと思っていても世界では同じことを考えている人が3人いる。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『知的財産で事業を固めていても、新しい市場には必ず新規参入者が出てくる。異議申し立ての多いほど、その特許には実力がある。異議を退けて成立した特許はもっと強力である。発明したと思っていても世界では同じことを考えている人が3人いる。』

>>続きを見る

 

『中小企業は何から何まで自分で工夫しなければならない。余計な資金がないから一歩ずつ着実に踏みしめる健全性がある。そういう小さな大企業になりたい。』

 

カテゴリー:仕事/経営

事業構造とは一歩ずつ積み重ねた結果である。踏み固めた基礎がないと砂上の楼閣となり、またたく間に瓦解してしまう。中小企業は何から何まで自分で工夫しなければならない。余計な資金がないから一歩ずつ着実に踏みしめる健全性がある。そういう小さな大企業になりたい。

>>続きを見る

 

『無駄なお金は一円たりとも使ってはいけない。生きたお金なら惜しみなく使いなさい。』

 

カテゴリー:お金/資産

お金には、『生き金』と『死に金』の二つの使い道がある。それを見極めた人間だけが、『投資、消費、浪費』の最適化が出来る人間であり、『支配される』人間ではなく、『支配する』人間なのである。

>>続きを見る

 

『私は医者や弁護士であっても、専門家の言うことを鵜呑みにはしない。ときには素人の発想が正しいこともある。素人だからこそ常識を超えた発想ができる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『私は医者や弁護士であっても、専門家の言うことを鵜呑みにはしない。ときには素人の発想が正しいこともある。素人だからこそ常識を超えた発想ができる。人間はなまじ知識があるから本質がわからなくなる。知識よりも知恵を出せ。机の上でいくら思案しても優れた発想は生まれてこない。

>>続きを見る

 

『社長とは権力ではない。責任の所在を示している。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『社長とは権力ではない。責任の所在を示している。経営者の落とし穴は賛辞の中にある。偉くなればなるほど身の回りに甘い言葉が集まり、英雄的気分にひたっていると必ずつまずく。苦言に耳を貸さない経営者は必ず会社に危機を招く。』

>>続きを見る

 

『発明はひらめきから。ひらめきは執念から。執念なきものに発明はない。ひとつこころみては捨てていく。考えて、考えて、考え抜け。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『発明はひらめきから。ひらめきは執念から。執念なきものに発明はない。ひとつこころみては捨てていく。考えて、考えて、考え抜け。私が考え抜いた時には血尿が出る。私は眠るときもメモと鉛筆を枕元に用意する。あなたも四六時中考える習慣をつけなさい。』

>>続きを見る

 

『良い商品と売れる商品は違う。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『良い商品と売れる商品は違う。衝撃的な商品は必ず売れる。それ自身がルートを開いていくからだ。独創性のない商品は競争に巻き込まれ、労多くして益は少ない。その商品には消費者が支払った対価以上の価値があるか。売れるかどうかはそこで決まる。大衆の声こそ神の声である。』

>>続きを見る

 

『新幹線のグリーンに乗ることに何の意味があるのか。どこに乗ろうと目的地に着く時間は一緒じゃないか。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『ぼくはタクシーでも構わない。ベンツでなくてはいけないと誰が言ったか。新幹線のグリーンに乗ることに何の意味があるのか。どこに乗ろうと目的地に着く時間は一緒じゃないか。』

>>続きを見る

 

『素人だから飛躍できる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

一番左のコインから、一気に一番右のコインに山積みされる様子を指す。つまり、左から順々にして、蓄積されていく様子ではなく、一気にズドンと一番右に跳ね上がる様子だ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP