『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

安藤百福『創業者利益を手中にする有効な方法は、スタートから大きく引き離すことだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『新しい事業を切り開くためには技術革新が必要だ。新しい技術は商標や特許などの知的所有権によって守られなければならない。工業化できない特許には一文の価値もない。創業者利益を手中にする有効な方法は、スタートから大きく引き離すことだ。』

 

創業者利益は、『先行者利益』でもって、確保するべきだ。こういう発想が容易に出来るようになるまでに辿り着いたら、そこにいるのは猛者たる称号に相応しい人間かもしれない。何しろ、経験未熟で、無知な人間であれば、まずそういう発想にはならない。『特許』とか、その『知的財産を守る』とか、『そうしなければ盗まれる』とか、『それだと創業者の苦労が水の泡』だとか、そういう発想の背景にある経験と情熱は、およそ凡人が安易に到達できる境地ではない。

 

幾多もの辛酸も舐めただろう。何度も壁にぶつかり、馬鹿も見ただろう。しかし、屈しなかった。そういう人間だけが、未踏未達の道を開拓できるのだ。当たり前だ。『未踏未達』なのだ。十分に舗装されて便利になった道を歩いたのではない。そりゃあ、行き止まりにぶつかるし、砂利で足を怪我するだろう。しかし、その道を開拓した人間が得られる恩恵は、甚大である。いや、甚大でなければならない。そういう話だ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』 『後始末では遅い。前始末をせよ。』

同じ人物の名言一覧