『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

安藤百福『即席めん開発に成功したとき、私は48歳になっていた。遅い出発ともいわれるが、人生に遅すぎるということはない。50歳でも、60歳でも新しい出発はある。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

イギリスの政治家、ボールドウィンは言った。

 

人間が『成長』するには、それなりに時間がかかるものだ。『膨張』なら早い。

 

しかしそれは孔子曰く、

孔子

 

ということなのであり、ガンジー曰く、

 

のである。膨張は『弾ける』のが相場だ。失敗など当たり前だ。逆に言えば、『なぜこの人生が壁に一度もぶち当たらない一本道』だと思ったのか。普通、『迷路』をやっている自覚があるなら、目の前の壁を当たり前だと思うだろう。つまり、壁が目の前に現れた時に、いちいち失望する人間は、『人生』に対する侮辱行為である。人生は、一本道をひた歩くクソゲーではない。艱難辛苦に歓喜を見出す、高潔で尊い、アウラなのである。

 

アメリカの作家、ヘンリー・ミラーは言った。

 

普通、迷路をやっていたら、かつて通り過ぎて、『そこは行き止まりだ』と思った道に戻ることほど、無意味なことはない、ということを知るはずである。その道は、もう通ったんだ。そこで、学んだんだ。そこが、行き止まりだってことに。

 

それでいいんだ。そこからまたやり直せばいいんだ。

 

それが『迷路』である。ごくごく当たり前の、理論、常識である。命が燃え尽きるまでこの迷路は、続くのだ。最後の最後まで、魂の炎は、燃え続けるのだ。人生に『意義』を見出す。それが、この儚く『無意味』な運命に生まれた、人間の『意地』である。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。』

同じ人物の名言一覧