『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

安藤百福『明確な目標を定めたあとは、執念だ。ひらめきも執念から生まれる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

旭硝子創業者、岩崎俊彌は言う。

 

安易な道を選べば、目標の達成に執念などいらない。例えば下の図を見た時、一番左のコインを置くことに、どれだけの執念がいるだろうか。コインを一つ置くだけで、その目標が達成されるのだ。執念などいらない。

 

だが、右に行けば行くほど、その難易度は高くなる。岩崎が旭硝子に植え付けた『難き』の精神とは、執念がいるほど、困難な道なのである。現社長の石村和彦も、今の旭硝子と自分の地位を決める為に、かつてない執念を見せた男だ。

 

エジソンは言う。

 

不撓不屈の精神だけが、未踏未達の道を開拓することができる。

 

『明確な目標を定めたあとは、執念だ。ひらめきも執念から生まれる。』

 

だが重要なのはこの『執念』とか『不撓不屈の精神』だけではない。その前にある、『明確な目標を定める』ということである。人はまず大きなゲシュタルト(人格)設定をする必要がある。『ゲシュタルトの破壊と創造』とは、難しい話でも何でもない。10年後の自分のゲシュタルト(人格)を設定する。それは当然、今のゲシュタルト(人格)ではない、成長したゲシュタルトである。

 

そこに到達する為には、今までの自分ではダメだ。今までの自分が取っていた行動とは、違う行動を取らなければならない。そうでなければ、10年後も、今の自分とほぼ変わらないゲシュタルトになるからである。

 

ゲシュタルト

 

だが、私の部下にこのゲシュタルト設定ができないという人間がいるのだ。彼は、半月以上の時間を与えたにもかかわらず、提出日の月末を迎えたとき、メールにこう付け加えていた。

 

申し訳ありません。ゲシュタルト設定ができませんでした。

男性

 

世の中にはこういう人間がいるのだ。私はこの部下をもう10年見てきているが、これは本当のことなのである。確かに彼の場合、吃音症という言語障害を患っていて、うつ病やあがり症、自閉症なんかの症状にも当てはまるような考え方や行動をとることが多い、珍しいタイプだ。

 

  • 明確な目標を定める
  • その後はそれを執念でもって現実化させる

 

この2つの事実は、確かに真理だ。私が見出した黄金律にも下記のようなものがある。

 

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』

 

だが、いくらやってもそれができないという人間がいる。そのことを覚えておかなければならない。だが同時に朗報もある。この部下は、『それであるからこそ』、いまだにうだつが上がらない。報酬も低ければ信頼も低い。10年経っても尚、遅刻を何度も何度も連続させてしまう始末だ。人として、社会人として、男としての価値が著しく低い。私は彼を健常者として見ているからこそこう酷評する。それが正当な評価だ。

 

だが、ということはこの2大事実の重要性が裏打ちされるわけだ。彼は、この2大事実を軽んじてきたからこそ、実に『10年』という膨大な時間を割いても、ほとんど同じような場所で足踏みをしているのである。つまり、そんな彼でもこの2つの真理を自分のものにすることができれば、大きな成長を成し遂げることができる可能性が極めて高いのだ。彼の人生を無駄にしないためにも、あなたは同じ轍を踏まないでほしい。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧