『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

安藤百福『樹齢二千年という立派なブナの木があるが、もとをただせば鳥のフンからだ。創業とは一粒の種をまくことである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『事業を始めるとき、金儲けしようという気持ちはなかった。何か世の中を明るくする仕事はないかとそればかり考えていた。会社は良い仕事をしたから儲かるのである。儲けとは答えであって、儲け主義とは違う。樹齢二千年という立派なブナの木があるが、もとをただせば鳥のフンからだ。創業とは一粒の種をまくことである。』

 

 

経営の神、松下幸之助も、

 

と言っているが、私も随分と大勢の偉人の言葉を聞いてきたわけだが、彼らの意見はこうして一致する。拝金的で利己的な人間像とは正反対の場所にいるのが、『偉人』なのである。つまり、前者はおよそ偉人と呼ぶにふさわしくないのだ。『屈した』のだから。力に。金に。欲望に。そういう人はごまんといる。人間なら誰もが欲望を備え持っていて、それを暴走させたことを『支配した』と勘違いした人間は、越権的になり、特権の乱用にひた走り、淘汰か破滅の道をひた歩くと相場が決まっている。もう、これが答えなのだ。この答えが捻出されたデータの背景にある甚大な歴史を軽んじるつもりなら、

 

マルクスの言う通り、

 

ということになるだろう。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧