名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

福沢諭吉『水があまりに清ければ、魚は棲めない。人は知的であり過ぎれば、友を得るのが難しい。友人を受け入れるには、度量が広く、多少ぼんやりとしているところもあったほうがいい。』

福沢諭吉


日本武士 福沢諭吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


極度の潔癖症は、『自分が許した範囲』の外のものは、すべて病原菌であり、自らを毒する悪の根源だと思いがちである。

 

ニーチェは言った。

自分自身に対する極度の清潔癖が私の生存の前提条件となっていて、不潔な条件の下では命すら危ない。だから、私はいわば絶えず水の中で、もしくは完全に透明な光輝く元素の中で、泳いだり、浸ったり、ぱちゃぱちゃしている。』

 

水が清すぎれば魚は棲めず、知的であり過ぎれば、ニーチェの様な発想が生まれる。

 

しかし、自分の顔に顔ダニが常在していることは知っているのだろうか。それは『見えない』から、『自分が許せる範囲』に収まるのだろうか。

 

つまり、ドアノブや、スリッパの裏のホコリ、電車のつり革や、便所の座椅子、除菌しようと思えば、至る所に除菌すべき場所があり、つまりそこには『菌』がいるわけだが、その菌が自分の顔にいて、それが皮膚のバランスを保っているということを、知っているのだろうか。

 

あるいは、それらを体内に取り入れて免疫力がつき、逞しい心身へと鍛えられていくことを知っているのだろうか。

 

 

知を探究するほど、何が賢くて、何が間違っているかの境界線がハッキリするようになり、より合理的に行動することで、要領の良い結果を生み出すことが出来るようになる。

 

しかし、その一方で、要領の悪い非合理的な存在を、心のどこかで揶揄して見下してしまいがちになるのも事実だ。だが、それが『知者』かどうかを考えた時、多様性についての理解がもっと深まるはずである。

 

この世は多様性があって成り立っているのだ。私も以前までは『ぼんやり』をモットーにするような人間だったが、当時は私の周りにはいつも笑顔が溢れていた。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

22.『本当の友人とは。

真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

 

 

 

 

福沢諭吉『水があまりに清ければ、魚は棲めない。人は知的であり過ぎれば、友を得るのが難しい。友人を受け入れるには、度量が広く、多少ぼんやりとしているところもあったほうがいい。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。』

 

『あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。』

 

『人間の心がけは、とかく世を軽く見て、熱心に過ぎざるにあり。』

 

『人生、万事、小児の戯れ。』

 

『人間は、ただ一身一家の衣食が足りていることで満足してはいけない。』

 

『どんなに貧しく賤しい者でも、なぜ貧乏で賤しいか、その原因を知り、それが自分にあるということが分かれば、決して、やたらに他人を怨望したりはしません。』

 

『人間の感情は、活動に自由がなければ、どうしても他人を怨望することになるのです。』

 

『話し方や容貌も心の働きですから、これをいい加減にしていては上達するわけがありません。』

 

『学問に志す者は、学ばなくてはなりません。信じるべきか疑うべきか思い惑っているのではなく、まず学んでみることです。』

 

『仕事のほうからやってきて人を求めることはない。こちらから進んで求めるのでなければ、結局は仕事にはめぐりあえないだろう。』

 



↑ PAGE TOP