名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

福沢諭吉『利益の側からだけ見ても、人の信用こそ商売での利益の根源なのだから、人に雇われる者は、自分の利益になる重要なことなのだと思って正直に働き、主人もまた、その正直の代償として報酬を多くすべきである。』

福沢諭吉


日本武士 福沢諭吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


これはそのまま職場に貼り付けておきたい金言だ。数千の名言を内省しているが、私がそう書いたのは初めてである。

ドイツの哲学者、ディルタイ

『信頼は相手の為に払った犠牲の質と量に比例する。』

 

と言っているが、まず最初に利益を求めようとする発想は、無知と無能さを自己宣言しているようなものだから、即刻辞めるべきである。

 

経営の神、松下幸之助も、

『商売なんて、最初は無料で奉仕するつもりでやれ。』

 

と言っている様に、まず何よりも重要なのは利益ではなく、『信頼残高』だ。

 

 

従業員と経営者の関係で考えても、ディルタイや福沢諭吉の言う通り。あるいは、

 

孔子の超訳でも書いたとおり、

孔子

『先憂後楽、先義後利。どちらにせよ、後だ。利益を考えるのは。』

 

ということなのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

福沢諭吉『利益の側からだけ見ても、人の信用こそ商売での利益の根源なのだから、人に雇われる者は、自分の利益になる重要なことなのだと思って正直に働き、主人もまた、その正直の代償として報酬を多くすべきである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。』

 

『あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。』

 

『人間の心がけは、とかく世を軽く見て、熱心に過ぎざるにあり。』

 

『人生、万事、小児の戯れ。』

 

『人間は、ただ一身一家の衣食が足りていることで満足してはいけない。』

 

『どんなに貧しく賤しい者でも、なぜ貧乏で賤しいか、その原因を知り、それが自分にあるということが分かれば、決して、やたらに他人を怨望したりはしません。』

 

『人間の感情は、活動に自由がなければ、どうしても他人を怨望することになるのです。』

 

『所詮、世の中の出来事は生き物と同じで、その動きを前もって予測することは不可能です。ですから、賢明な人であっても、案外愚かな失敗をする者が多いのです。』

 

『学問の本質は、生活にどう活用するかということです。活用のない学問は、何も学問しなかったのと同じです。』

 

『自ら動こうとしないものを、導くことはできない。』

 

『愚民の上に苛酷な政府がある。良民の上には良い政府がある。』

 

『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』

 

『水があまりに清ければ、魚は棲めない。人は知的であり過ぎれば、友を得るのが難しい。友人を受け入れるには、度量が広く、多少ぼんやりとしているところもあったほうがいい。』

 



↑ PAGE TOP