名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

渋沢栄一『事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。』

渋沢栄一


日本実業家 渋沢栄一画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


しかし私の部下は、入社して7年経とうとしているのに、この『満身の精神』を持つことが出来ない。持っているのは『慢心の精神』だ。天と地ほどの差があるのである。

 

キリストの言葉の超訳でも、

キリスト

『大したことない。そう思ってないがしろにした全てのことが「大したこと」だったから、あなたの人生は大したことないのでは?』(超訳)

 

という言葉を書いたが、部下の、報酬、信頼、実力、その全てが『大したことが無い』のは、彼がないがしろにしてきた全てのことが『大したこと』だったからである。

 

松下幸之助もこう言っている。

『些細なことをおろそかにしない心がけが人生を大きな成功へ導く。』

 

往々にしてこれらは、『人の心』に繋がっていると心得るべきである。全てのことは、それに繋がっているのだ。そう考えれば、ないがしろにするときは、『人の心をないがしろにした』ことになり、だとしたらそのしっぺ返しは、当然のものとなる。

 

例えば、たったの5分という待ち合わせの時間を、『早く』来るか、『遅く』来るか。それだけで、人間の印象が天と地ほどの差が出るだろう。

 

 

人生は、そういう積み重ねの連続で成り立っていて、慢心していては、自分の『身』は一生『満』ち足りることは無いだろう。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

渋沢栄一『事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『論語(義・倫理)とそろばん(利益)は両立する。』

 

『大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ。』

 

『事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。』

 

『親から子に対して孝を励めよと強ゆるのは、かえって子を不孝の子たらしむるものである。』

 

『すべて物を励むには競うということが必要であって、競うから励みが生ずるのである。』

 

『個人の富はすなわち国家の富である。』

 

『『智』、『情』、『意』の三者が権衡を保ち、平等に発達したものが完全の常識だと考える。』

 

『その仕事が真に有望で、且つ、その人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。』

 

『余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。』

 

『たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。』

 

『人生の行路は様々で、時に善人が悪人に負けたごとく見えることもあるが、長い間の善悪の差別は確然とつくものである。』

 



↑ PAGE TOP