『後悔したくない方』はこちら

渋沢栄一『事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。信用は実に資本であって商売繁盛の根底である。』

 

 

そうは言っても、なかなか目の前の得体のしれない人間を『信用』することは難しい。どう見ても、自分の心が違和感として相手の実態を捉えているのだ。だが、それこそが『疑い』なのであり、それがある以上、堅固なる人間関係の礎は築かれないのである。

 

例えば、オーストリアの心理学者、アドラーは言う。

 

『それ』でもいいのだ。違和感が当たっても、裏切られてもいいのだ。そういう気持ちで自分が一歩踏み込まなければ、相手との距離は縮まることは無い。それに、もしかしたら、相手もこちらのことを(得体がしれない)と思っているかもしれないのだ。だとしたらお互い様である。そしてその第一歩を自分から踏み込むのだ。むしろそっちの方がアドバンテージ(有利性)を得られるケースも多い。とにかく言えるのは、受け身ではダメだということだ。

 

マイケル・ジョーダンは言った。

 

運は、主体的に行動した人間の味方をする。いや、もっと正確に言おう。主体的に行動した人間は、気運を呼び込むのだ。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

渋沢栄一の名言・格言一覧