名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

上杉謙信『生を必するものは死し、死を必するものは生く。』

上杉謙信


日本武将 上杉謙信画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


例えばモンテーニュは、

『賢者は、生きられるだけ生きるのではなく、生きなければいけないだけ生きる。』

 

と言ったわけだが、『生きられるだけ生きようとする人間』と、『生きなければならないだけ生きる人間』では、どういう違いがあるだろうか。どちらが『人として生きている』ことになるだろうか。

 

 

エラスムスは言った。

『人生に執着する理由がない者ほど、人生にしがみつく。』

 

そのしがみつく人生は、本当に『人生』と言えるのかどうか、一度自問したいところだ。

 

ルソーは言った。

『生きるとは呼吸することではない。行動することだ。』

 

『身体に気を付けて』というねぎらいの言葉があるが、身体はいつか壊れるのだ。

 

『悔いの無い人生を』

 

それが真のねぎらいの言葉だと、私は信じて疑わない。

 

それだとしたら、『安易な考えで身体を不調に陥らせる』ことも、『後悔』に繋がるわけで、その範囲内だからだ。

 

自分本位になれば生き、人の気持ちを第一に考えれば、死ぬこともあるだろう。とにかく言えるのは、

 

『悔いの無い人生を』

 

ということだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

上杉謙信『生を必するものは死し、死を必するものは生く。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『心に私なき時は疑うことなし。』

 

『心に驕りなき時は人を教う。』

 

『心に誤りなき時は人を畏れず。』

 

『心に邪見なき時は人を育つる。』

 

『心に貪りなき時は人に諂うことなし。』

 

『心に怒りなき時は言葉和らかなり。』

 

『心に堪忍ある時は事を調う。』

 

『心に曇りなき時は心静かなり。』

 

『心に勇みある時は悔やむことなし。』

 

『心賤しからざる時は願い好まず。』

 

『心に孝行ある時は忠節厚し。』

 

『心に自慢なき時は人の善を知り。』

 

『心に迷いなき時は人を咎めず。』

 



↑ PAGE TOP