『後悔したくない方』はこちら

エラスムス『人生に執着する理由がない者ほど、人生にしがみつく。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ネーデルラントとは、「低地の国々」を意味し、現在のベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3ヶ国を指す言葉である。この言葉にも私は随分力強い影響を受けた。私も、価値を全く生み出すこともなく、人に迷惑をかけてもなんとも思わない時期に、それでも自分の人生や快楽にしがみついている自分に、本当のところではよく嫌気がさしたものである。

 

自分が生きている価値を見出だせないというか、大切な財産を散財させているというか、とにかく常に心底の部分に虚無があり、それを隠蔽しながら生き長らえている自分に気づいていたのである。

 

虚無

 

価値ある人間はむしろ、自分の人生にしがみつかない。そういう竹を割ったような気持ちの良い覚悟を持っていて、むしろ、周りの人がその人がいなくなることを惜しんでいたような気がしたのだ。周りの人に惜しまれる人、自分一人でしがみついている人、ここには圧倒的な差があり、後者はとても、惨めだった。仏教の開祖釈迦(ブッダ)は、罪の定義を『執着』だと言った。あのブッダでさえ、執着を良しとしなかったのだ。それなのに自分は、そんなちっぽけな自分にしがみついて執着している。自分が何より、可愛いからだ。

 

でも大丈夫だ。今日、この言葉に出会った。ここから新たに、人生と向き合い直せばいい。気づかないまま一生を終える人もいる。それを考えたら、とても幸運なことだと考えた方が、得である。

 

マルクスは言った。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

エラスムスの名言・格言一覧