名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

福沢諭吉『人間は、ただ一身一家の衣食が足りていることで満足してはいけない。』

福沢諭吉


日本武士 福沢諭吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『人間は、ただ一身一家の衣食が足りていることで満足してはいけない。人間の天性にはもっと高い務めを果たす力があるのだから、人間交際の仲間に入り、社会の一員として、その身分にふさわしい場で社会のために尽くさなければならない。』

 

 

太宰治は言った。

『とにかくね、生きているのだからインチキをやっているのに違いないのさ。』

 

私が常々言ってきたことを、福沢諭吉も言っていたということだ。私が言っていることというのは、

『よく、私は家族がいればそれで十分。お金も、食べれるだけあれば十分。という人がいるが、お金が要らないんだったら、50万分働いて、25万分寄付をして、25万だけ貰ってからそのセリフを言えよ。』

 

という内容である。それだったら傾聴に値する意見だ。それで初めて、人は聞く耳を持つだろう。しかし、そうじゃないなら、単なる自分の私利私欲の美化、正当化だ。自分が裕福な国に生まれたのであれば、尚の事そうだ。

 

現代の経営の神、稲盛和夫は言った。

『欲はあっていい。だが、自分だけが満たされて満足する小さな欲ではなく、世界中の人が満たされることを願う「大欲」を持て。』

 

これだ。この視点があれば、人は『エネルギー源を捻出』出来るのだ。

 

例えば、下にメーターがある。

 

 

綺麗ごとを言って自己満足している人は、『左のゲージ』なのだ。世界にいるのが自分と、その家族だけなのであればそれでいいが、実際は違う。『右のゲージ』なのだ。世界には、枯渇している人がいるのだ。

 

このゲージについて目を向けた時、本当に優しい人だったら例えばこう思うだろう。

 

(あぁ。この右の人達のゲージを埋めたい。せめて、左のゲージにまで上げたい。先進国にいるのなら、それが責務でもあるはずだ。)

 

だが、易しい人なら、この事実を隠蔽する。太宰治曰く、『インチキ』をする。

 

福沢諭吉の言う、『人間の天性にはもっと高い務めを果たす力がある』というのは、こういうことだ。少年(少女)は、大志を抱くのが、『責務』なのである。

 

前述した発想における『エネルギー源』の確保は、『大欲』を抱くところから始まる。 世界平和を望むことだって、大欲だ。人間が持つべきなのは、この大欲である。小欲ではない。

 

大欲

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

23.『人間が『幸せだ』と言ったのなら、そこにあるのは隠蔽だ。

まさか、『知らない』わけではないだろう。無関心は罪。つまり、この世に罪人ではない人間はいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

福沢諭吉『人間は、ただ一身一家の衣食が足りていることで満足してはいけない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。』

 

『あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。』

 

『人間の心がけは、とかく世を軽く見て、熱心に過ぎざるにあり。』

 

『事を行うには、時機の善し悪しがあります。チャンスに恵まれなければ、どんなに有能な人でもその力を発揮することはできません。』

 

『仕事というのは、偶然できるものではありません。善い事も悪い事も、すべて人間のこれをやろうという意思があってこそできるのです。』

 

『自由と我がままとの境界は、他人に迷惑を掛けるのと掛けないのとの間にあります。』

 

『所詮、世の中の出来事は生き物と同じで、その動きを前もって予測することは不可能です。ですから、賢明な人であっても、案外愚かな失敗をする者が多いのです。』

 

『学問の本質は、生活にどう活用するかということです。活用のない学問は、何も学問しなかったのと同じです。』

 

『自ら動こうとしないものを、導くことはできない。』

 

『愚民の上に苛酷な政府がある。良民の上には良い政府がある。』

 

『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』

 

『水があまりに清ければ、魚は棲めない。人は知的であり過ぎれば、友を得るのが難しい。友人を受け入れるには、度量が広く、多少ぼんやりとしているところもあったほうがいい。』

 



↑ PAGE TOP