名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ドストエフスキー『コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、それを発見しつつあった時である。幸福とは生活の絶え間なき永遠の探求にあるのであって、断じて発見にあるのではない』

ドストエフスキー


ロシア作家 ドストエフスキー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ある大富豪が記者に質問されたときの話だ。

『あなたが人生で一番楽しかった思い出はいつですか?』

 

そう聞かれたその大富豪はこう答えたという。

山を登っている最中だな。今思えば、人生が一番生き生きしていたのはあの時期だった。』

 

この言葉の意味がわからない人間も、いずれ必ずわかる日が来るだろう。だがそれを知るには条件がある。毎日を出し惜しむことなく全身全霊で生き貫くということだ。これが絶対条件だ。

 

さしずめ、登山に例えて考えてみればわかる。

 

エベレストよりも高い、至難の山を一生をかけて登る。人生がもし、そういうものだったとしたら、甘く見れば命を落とす。努力しなければ頂上には登れない。手を抜けば山腹で挫折する。どちらにせよ、命を懸けて全力を振り絞らなければ、登山は成功しない。

 

カメラ

 

確かに、『リアリスト(現実主義者)』が言うように、登ったところで不老不死になるわけではない。宝の山があったとしても、命終われば無意味である。

 

だがそんな中でも、一生という登山に『目標』を見つけ、『夢』を見出し、『理念』を燃やす人間がいる。登山に充実感を見いだせ、頂上からの景色に夢を持てる人間は、そういう『ロマンチスト(理想主義者)』だ。

 

我々は何をやったところで、確かに死ぬ運命だ。だが、その数奇な運命に『意義』を見出そうとするのが、人間の『意地』ではないだろうか。我々は、意地、つまり誇り高き生命だ。そう思わせてくれるのは、夢や、感動、そしてロマンなのである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ドストエフスキー『コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、それを発見しつつあった時である。幸福とは生活の絶え間なき永遠の探求にあるのであって、断じて発見にあるのではない』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ドストエフスキー関連の書籍

 

同じ人物の名言


『絶望の中にも焼け付くように強烈な快感があるものだ。ことに自分の進退窮まった惨めな境遇を痛切に意識するときなどはなおさらである。』

 

『感情は絶対的である。そのうちでも嫉妬はこの世で最も絶対的な感情である。』

 

『「人類に対する愛」という言葉は、自分が心の中で作りあげた人類に対する、つまり己れに対する愛である。』

 

『あらゆる堕落の中で最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶらさがることだ。』

 

『いちばん簡単で、いちばん明白な思想こそが、いちばん理解しがたい思想である。』

 

『もちろん金は絶対的な力である。と同時に、平等の極致でもある。金の持つ偉大な力は、まさにそこにあるのだ。金はすべての不平等を平等にする。』

 

『世の中には、恋人とか情婦としては通用するが、ほかになんの役にも立たない女がいるものだ。』

 

『人は思想をとらえようが、思想はつねに人間よりも現実的である。』

 

『人生において何よりも難しいことは、嘘をつかずに生きることだ。そして自分自身の嘘を信じないことだ。』

 

『神が存在しないならば私が神である。』

 

『神と悪魔が闘っている。そして、その戦場こそは人間の心なのだ。』

 

『私はなにか善を行おうとする希望を持ち、そこに悦びを感ずることもできる。だが同時に、悪を行いたいとも思い、そこにも悦びを覚えることができる。』

 

『金は鋳造された自由である。』

 



↑ PAGE TOP